新潟演劇祭 関連企画

新潟演劇祭☆ミナトシネマ

入場無料!
演劇作品の映像を能楽堂で上映します。ゲストを呼んでのトークもあり!入場無料ですのでぜひ、はしご観劇にご利用ください!
2月28日(土)
7月に話題の作品「cocoon」再演ツアーで再度新潟にやってくる新進気鋭の演出家 藤田貴大によるトークと、彼の主宰する“マームとジプシー”の上演作品「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと—」を上映します!
16:00~18:00マームとジプシー「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと—」上映
18:00~18:45マームとジプシー主宰 藤田貴大トーク
3月1日(日)
古典作品をポップな切り口で現代に蘇らせる“木ノ下歌舞伎”がNE/ST第三弾として3月26日、27日に新潟初登場!公演に先駆けて過去の上演作品「義経千本桜〜鮓屋〜」の映像上映と主宰 木ノ下裕一&演出家 杉原邦生によるトークを演劇祭で開催します!
13:00~14:45木ノ下歌舞伎「義経千本桜~鮓屋~」上映
14:45~15:30木ノ下歌舞伎主宰 木ノ下裕一&演出家 杉原邦生トーク
16:00~18:00マームとジプシー「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと—」上映
18:00~18:45マームとジプシー主宰 藤田貴大トーク
3月7日(土)
2014年3月に、新潟演劇祭プロデュース公演として上演した「恋する世阿弥」の映像を上映!“柿喰う客”の中屋敷法仁とともに製作した伝説(?)の舞台が映像で蘇ります!お見逃しなく!
16:00~16:45「恋する世阿弥」天チーム 上映
17:00~17:45「恋する世阿弥」地チーム 上映
18:00~18:45「恋する世阿弥」人チーム 上映
3月8日(日)
14:00~14:45「恋する世阿弥」天チーム 上映
15:00~15:45「恋する世阿弥」地チーム 上映
16:00~16:45「恋する世阿弥」人チーム 上映
「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、
そこ、きっと—」
「義経千本桜~鮓屋~」 「恋する世阿弥」
7月に話題の作品「cocoon」再演ツアーで再度新潟にやってくる新進気鋭の演出家 藤田貴大によるトークと、彼の主宰する“マームとジプシー”の上演作品「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと—」を上映します! 古典作品をポップな切り口で現代に蘇らせる“木ノ下歌舞伎”がNE/ST第三弾として3月26日、27日に新潟初登場!公演に先駆けて過去の上演作品「義経千本桜〜鮓屋〜」の映像上映と主宰 木ノ下裕一&演出家 杉原邦生によるトークを演劇祭で開催します! 2014年3月に、新潟演劇祭プロデュース公演として上演した「恋する世阿弥」の映像を上映!“柿喰う客”の中屋敷法仁とともに製作した伝説(?)の舞台が映像で蘇ります!お見逃しなく!

演劇人トークセッション

入場無料
演劇祭最終日、参加劇団員によるトークセッションを開催します!
日時:3月15日(日)18:00(CREATIO ATELIER終演後)
会場:劇場

青年団リンク ホエイ 山田百次&河村竜也 演劇ワークショップ「自分だけのカラダと言葉を知る」

●講師プロフィール
山田百次(やまだ ももじ)
劇団野の上主宰。代表作『東京アレルギー』『ふすまとぐち』。ときに聞き取れないほどの濃厚な津軽弁をもちい、社会の辺境で生きる人々の圧倒的な生を描くことを作品の特徴としている。
河村竜也(かわむら たつや)
青年団リンク ホエイ主宰。劇団青年団で俳優活動を続ける一方、日本発祥のコンディショニングメソッドとして、アスリートだけでなくパフォーマーからも注目を集めているスタビライゼーションのトレーナーの資格を持つ。

人はそれぞれ、生きてきた分だけ自分のカラダと言葉をもっています。それは、ふだん生活してきて、自然と身に付いた言葉づかいや体つき、身のこなしです。今回のワークショップは、自分のそういったカラダと言葉を知ろうという試みです。まずはスタビライゼーションでカラダの歪みやくせ、今の状態を知る。それから、ふだん自分が使っている言葉(方言や口語など)で戯曲を読んでみる。演技をするとき、カラダと言葉にどのような負荷がかかっているかを知ることは、演技をすることをより身近なものにさせます。そんなワークショップになればと思います。
日時:1/31(土)19:00~21:30、2/1(日)13:00~18:00
対象:2日間通しで参加できる高校生以上の方(演劇未経験者歓迎)
定員:15人(先着順)
参加費:1,500円
会場:りゅーとぴあ・練習室5
そのほか、2015年1月のウイークエンドは多彩な演劇ワークショップを開催しています!
詳細は「りゅーとぴあ演劇ワークショップ Winter Special!!」のページをご覧ください。