舞台を客席が取り込み、側面や後方からも舞台を望むことのできるアリーナ形式。
波紋が増幅して重なり合うような客席と天井は、音を包み込みながら豊かに広げる効果を持つと同時に、客席間の親密で祝祭的なイメージの演出となっており、音響的にも、視覚的にもステージとの一体感・臨場感を楽しめます。音量感・残響感・広がり感の3つの要素をすべて満たし、交響楽に最も適したホールです。
正面には国内最大級のパイプオルガンを設置しています。
 
特 徴
 
壁・天井
コンサートホールの壁と天井は、演奏が良い響きとなるように曲面で構成されています。これは音を拡散させながら反射させ、ホールのどこでも充分な音量と 拡がり感のある音を届けるための工夫です。また、残響時間は2.23秒で、コンサートでの豊かな響きを体験できます。

 
視覚効果
コンサートホールは、客席が舞台を360度囲んでいるアリーナ形式を採用しています。また、客席は勾配があり、前に座る方の頭が視界を遮りません。  演奏者を様々な方向から、しっかり見ることのできるホールです。
 
パイプオルガン
正面設置のオルガンはスペイン・グレンツィング社製。

パイプオルガンの詳細
 
座席の音響シャッター
コンサートホールでは、全ての椅子の座席部分内に音響シャッターが組みこまれています。人間の身体は音を吸うため、残響時間が満席時には短くなり、空席時に長くならないようにする工夫です。
そのため、椅子に座っているときにシャッターが閉じられ、誰も座っていないときにはシャッターが開く仕組みです。
 
 

特 徴 〜 その他
 
その他
車椅子席については「座席図」または「案内ページ」をご参照下さい。
赤外線補聴システムについては「案内ページ」をご参照下さい。  
 

仕 様
客席数 固定席
1,884席  車椅子席 6席(最大2,000人収容)
舞 台
間口/ 最大(前)23.2m、最小(中央)18.9m
奥行12.8m
高さ13.0m〜20.0m
残響時間
2.23秒(空席時)
舞台機構
オーケストラ迫り(17分割)
美術バトン 5本
照明バトン 5本
天井反射板一式
照明設備
受電容量 300KVA・負荷回路数 200回路
調光卓:プリセットフェーダ80本×3段、記憶容量500シーン
附属室
楽屋8室(小・中4室ずつ)、応接室1室、スタッフ室1室