舞台を客席が取り込み、側面や後方からも舞台を望むことのできるアリーナ形式。
波紋が増幅して重なり合うような客席と天井は、音を包み込みながら豊かに広げる効果を持つと同時に、客席間の親密で祝祭的なイメージの演出となっており、音響的にも、視覚的にもステージとの一体感・臨場感を楽しめます。音量感・残響感・広がり感の3つの要素をすべて満たし、交響楽に最も適したホールです。
正面には国内最大級のパイプオルガンを設置しています。
 

座席図   シートクリックでブロックからのステージの見え方をご案内します。

※写真は、各ブロック内の座席から撮影しておりますが、お席の場所によっては、手すり・照明バトン・照明機材・床面が視界に入る場合がございます。ご了承ください。

 
 
ホール座席図(PDF)はこちら