桧床の舞台、桧皮葺(ひわだぶ)きの屋根、能の上演にふさわしい伝統的な形式を持ちながら、幽玄の闇に能舞台の屋根が消えていくようなシンプルなデザインとなっています。
舞台正面の鏡板を外すことによって中庭が見え、野外の雰囲気も味わうことができます。

楽屋は水屋を備えた正式な茶室として「茶会」に利用することができます。
 
特 徴
 
中庭
松羽目、橋掛かりの鏡板が可動式となっており、中庭を背景にしたスペースのしつらえが可能となっています。
中庭は竹林となっており、照明も設置され、夜の公演では薪能などの雰囲気をつくります。
 
舞台
目付柱が可動となっており、音楽やダンスなどのインタージャンルな公演もできます。
 
茶室
楽屋は水屋を備えた正式な茶室として「茶会」に利用することができます。
 

特 徴 〜 その他
 
その他
車椅子席については「座席図」または「案内ページ」をご参照下さい。
赤外線補聴システムについては「案内ページ」をご参照下さい。  
 

仕 様
客席数 固定席
固定席382席・車椅子席5席 (最大387人収容)
舞 台
5.98m四方(鏡板、目付柱取り外し可能)
橋懸り
幅2.7m 長さ10.4m
鏡の間
28畳
装束の間
14畳
照明設備
受電容量  60KVA
負荷回路数 34回路
調光卓 プリセットフェーダ24本×3段
附属室
楽屋(茶室)3室(18畳・12畳・18畳)、焙じ場1室