NIDF2017 – Noism1 『NINA – 物質化する生け贄』

チラシPDF
舞踊10/13 先行発売財団主催

NIDF2017 – Noism1 『NINA – 物質化する生け贄』

開催日時
2017年12月15日(金)
19:00 ~

2017年12月16日(土)
17:00 ~

2017年12月17日(日)
15:00 ~

※終演後アフタートークあり。金森穣
会場
劇場
チケット
S席 : 4,000円
S席 U25 : 3,200円
A席 : 3,000円
A席 U25 : 2,400円
★NIDFセット券(限定50組):2演目以上のチケットを同時購入で1枚あたり20%割引
★NIDFセット券はりゅーとぴあのみでの取扱い。N-PACmate割引との併用不可
お得な情報
U25
セット券
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
N-PAC mate...2017年10月13日(金)
一般...2017年10月15日(日)
NIDFセット券(N-PAC mate)...2017年7月26日(水)
NIDFセット券(一般)...2017年7月27日(木)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
イープラス
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
NIDF2017 実行委員会
お問い合わせ
アーツカウンシル新潟(NIDF2017 実行委員会事務局)
Tel: 025-234-4530
Fax: 025-234-4521
E-mail: nidf@niigata.email.ne.jp

韓国・シンガポール・中国(香港)の舞踊団を招聘してのフェスティバル。
Noism1は『NINA – 物質化する生け贄』で参加。

2005年の初演以来、8カ国18都市で上演し各地で喝采を得た、金森穣演出振付のNoism初期代表作。2017年秋に衣裳を一新し、東アジアツアーを経た“新生NINA”、7年ぶりの新潟凱旋。
一片の隙もなく迷いもない身体。それ以上でも以下でもない絶対0℃な身体性−−。
舞台における身体とは、どのような“状態”であるべきか。身体そのものの「普遍的な強度」を追求する中で生まれた作品。観客は、そこに在る舞踊家の身体から放たれるエネルギーに空間が歪んだような感覚にとらわれ、目が離せなくなる。舞踊家は極度の集中により、その強度な身体と精神で、舞台という非日常の空間でしか生まれないものを体現する。人で在って物となる、人を問うために。そして舞踊家は、物質化することを受け入れた、誇り高き生け贄となる。

※演目等、内容に変更が生じる場合があります。

Noism[日本・新潟]

りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館を拠点に活動する日本初の劇場専属舞踊団。演出振付家・舞踊家の金森穣がりゅーとぴあ舞踊部門芸術監督に就任したことにより2004年に設立。プロフェッショナルカンパニーNoism1と研修生カンパニーNoism2がある。新潟を拠点に、Noism1はモスクワ・チェーホフ国際演劇祭との共同制作や、サイトウ・キネン・フェスティバル松本への出演など、国内外各地で多岐に渡って活動。Noism2は県内で開催される様々なイベントにも出演し、ローカルな活動を展開している。舞踊家の圧倒的な身体と鋭い問題意識に裏打ちされた作品、新潟から世界を見据えたカンパニー活動は、21世紀日本の新たな劇場文化モデルとして各方面から注目を集めている。

Noism芸術監督
金森 穣

photo: Kishin Shinoyama

演出振付家、舞踊家。りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館舞踊部門芸術監督、Noism芸術監督。17歳で単身渡欧、モーリス・ベジャール等に師事。NDT2在籍中に20歳で演出振付家デビュー。10年間欧州の舞踊団で活躍後、帰国。2004年、日本初の劇場専属舞踊団Noismを立ち上げる。14年より新潟市文化創造アドバイザー。平成19年度芸術選奨文部科学大臣賞、平成20年度新潟日報文化賞ほか受賞歴多数。
www.jokanamori.com

NIDF2017 公式ウェブサイト

https://artscouncil-niigata.jp/nidf/program/noism

photo: Kishin Shinoyama

このイベントを見る人は、こんなイベントも見ています

チケット取扱い

りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
イープラス

お問い合わせ

アーツカウンシル新潟(NIDF2017 実行委員会事務局)
Tel: 025-234-4530
Fax: 025-234-4521
E-mail: nidf@niigata.email.ne.jp