講座写真

コンサートホールに備えたパイプオルガンを使用した一年間のコースです。これからオルガンの演奏を本格的に学んでみたい方や、すでに学んだ経験をお持ちの方で、さらなる技術向上を目指す方を対象とします。

開催概要(第3期)
開催
2006年4月〜2007年3月
会場
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
講座概要
60分間の個人レッスンと60分間の個人練習、それぞれ原則として月2回
応募資格
下記の用件をすべて満たしている方。
・11歳(小学5年生)〜40歳までの青少年の方。
・オルガンを専門に学びオルガニストを志している方。
・ピアノでバッハの平均率・ソナタなどが弾ける方、もしくはオルガン演奏の経験がある方。
選考方法
下記の実技(A)または(B)のいずれかと、面接試験
(A)J.S.バッハの平均率集より任意の一曲をピアノで演奏
(B)J.S.バッハのオルガン作品より任意の一曲をオルガンで演奏
募集人数
2〜3名
オーディション
2006年3月12日(日)14:00〜
応募者多数の場合、事前に書類審査を行なう場合があります。
受講料
年額12万円(楽譜、教材費は別途負担)
*受講料は前納とし、受講の中途辞退、欠席等での返金はいたしません。またレッスン日は各回の1ヶ月前に決定します。
申込方法
募集要項をご請求の上、申込み用紙に必要事項を記入し、りゅーとぴあ事業課「オルガン研修講座」係まで送付してください。

お問い合わせ/要項請求・申込み先
〒951-8132 新潟市一番堀通町3-2
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館  事業課
TEL 025-224-7000
FAX 025-224-5626
申込締切
2006年2月28日(火)必着

 
オルガン講師 

山本 真希(やまもと まき)

豊かな緑や海、雄大な信濃川に囲まれた美しい街、新潟。生まれ育った大阪や8年近く暮らしたドイツとはまた違った新しい土地で、まったく経験したことのなかったホールオルガニストとしての新しいお仕事をする機会が与えられたこと、これまでの恵みすべてに感謝しています。
オルガンの温かい音色を通して、私が感動し、経験したこと、その思いをこれからたくさんお伝えしていきたいと思っています。りゅーとぴあやオルガン音楽隊で出かけるいろんな場所で、皆様にお会いできることを楽しみにしています。」

 
《プロフィール》

大阪府出身。神戸女学院大学音楽学部、同大学専攻科で学んだ後、ドイツ国立フライブルク音楽大学大学院修了。ドイツ国立シュトゥットガルト音楽・演劇大学ソリスト科に在籍し、最優等の成績でオルガンソロに合格。ドイツ国家演奏家資格を取得。あわせてフランス、ストラスブール音楽院で学ぶ。
オルガンを井上圭子、Z.サットマリー、C.ボッサート、J.ラウクヴィック、C.モントーの各氏に師事。
第1回ドイツ・ランデスベルク国際オルガンコンクール第3位。
日本各地、ドイツ、ポーランドで演奏会を開いている。日本オルガニスト協会会員。2006年4月、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館専属オルガニストに就任。主催公演での演奏、オルガン事業の企画制作、オルガン講座のレッスンおよびオルガンの保守管理にかかわる業務などを担当し、オルガン音楽の普及と発展につとめている。新潟市在住。