第22回シャルトル国際オルガンコンクール グラン・プリ受賞記念
石丸由佳オルガンリサイタル

2/13(日)16:00開演  会場:ホール



  • 全席自由 1,500円
    *りゅーとぴあのオルガンリサイタルはすべて自由席。リサイタルの前半と後半を別の席で聴かれ、響きの違いを楽しむのもいいかもしれません。あなただけの特別席を見つけてみてください。(一部お入りいただけない席もございます)

    *託児室有り。
    *車椅子のご利用、難聴者赤外線補聴システムは事前にお申し出ください。
  • N-PAC mate・・・12/5(日)
  • 一般…12/6(月)
     

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521


チケット取り扱い
新潟伊勢丹
CoCoLo万代
りゅーとぴあ

   
 


りゅーとぴあでオルガンに出会い、りゅーとぴあで学び、
世界へ羽ばたく新星

 
リサイタルによせて

パリ近郊にあるシャルトル大聖堂は、フランスで最も美しいゴシック建築として知られ、世界遺産にも登録されています。左右違う形の尖塔を持ち、細やかな彫刻や、色鮮やかな薔薇窓が圧巻のこの大聖堂では、1970年から2年おきに国際オルガンコンクールが開催されてきました。長い伝統を持つこのコンクールの受賞者には、世界的に活躍する数々の大オルガニストが名を連ね、大変権威あるコンクールとして知られています。
今年8月、その第22回となるコンクールにおいて、新潟出身の石丸由佳さんが見事グラン・プリを受賞されました。これから世界各地で演奏活動を始められる石丸さんがその第一歩を新潟から歩み始めます。りゅーとぴあでオルガンに出会い、学ばれ、ヨーロッパで研鑽を積まれている石丸さん。故郷新潟で、思い出深い楽器でのリサイタルはきっと格別な感動を私たちに与えてくださる事と思います。プログラムではコンクールの最終審査で演奏されたJ.S.バッハの名曲を始め、フランス近現代を代表するヴィドールやアランの作品、そして新潟県出身の作曲家後藤丹氏の作品など盛りだくさんで演奏いただきます。コンクール受賞と新しい門出を心からお祝い申し上げますと共に、若さと情熱あふれる素晴らしいオルガニスト、石丸由佳さんの演奏をぜひ多くの方にお聴きいただきたいと思います。

りゅーとぴあ専属オルガニスト/山本真希
 

石丸由佳さんとりゅーとぴあ

1999年、鳥屋野中学校3年生だった石丸さんは、市内中学校の音楽部がりゅーとぴあに集う「水辺の音楽会」で、初めてパイプオルガン演奏を経験。その魅力に心を奪われた彼女は、新潟高校在学中、オルガンを専門的に学ぶ道への進学を決意し、当時始まったばかりの「りゅーとぴあオルガン研修講座」を受講。その後東京藝術大学オルガン科、同大学院へと進むと共に、ヨーロッパ各地で研鑽を積み、今回のグラン・プリ受賞という快挙を成し遂げました。来年3月からは副賞として、約50回もの世界ツアーが始まる石丸さんですが、りゅーとぴあでオルガニストとしてスタートした彼女の受賞後最初のリサイタルを何としてもここ新潟りゅーとぴあで!と考え、急遽今回の公演開催の運びとなりました。

りゅーとぴあ事業課
 

【コンクールの興奮そのままに渾身のプログラム】
 ♪J.S.バッハ:トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564
 ♪J.アラン:幻想曲 第2番
 ♪Ch.M.ヴィドール:オルガン交響曲 第6番ト短調より、第1楽章アレグロ
 ♪後藤 丹:さくら幻想曲、故郷による幻想曲 ほか
 
 

石丸由佳

石丸由佳新潟市出身。2003年りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館第1期オルガン研修講座を二代目専属オルガニスト和田純子の下で修了。2007年東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。在学中に安宅賞受賞。卒業に際しアカンサス音楽賞および同声会賞を受賞。同年、同大学院音楽研究家修士課程入学。オルガンを廣野嗣雄、廣江理枝、チェンバロを大塚直哉、鈴木雅明の各氏に師事。2007年度、横浜みなとみらいホールオルガニスト・インターンシップ・プログラムを三浦はつみ氏の下で修了。デンマーク政府奨学金を得て2008年よりデンマーク王立音楽院に留学し、ハンス・ファギウス氏に師事。在学中スカンジナビア・ニッポン・ササカワ財団奨学金、カール・ニールセン財団奨学金を得る。スウェーデン・ヨーテボリ大学にてクラヴィコードをジョエル・スペーストラに師事。ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学にてオルガンをルドガー・ローマン氏に師事。2010年、第22回シャルトル国際オルガンコンクールで優勝、併せてDane&Polly Bales Prizeを受賞。2011年より欧米各地の音楽祭への招待を含むコンサートツアーが始まる。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。