能楽基礎講座
「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」

5/19(火)19:00〜、12/5(土)14:00〜、2016/2/20(土)14:00〜 会場:

 

  • 【1回券】全席指定2,500円
  • 【通し券】全席指定6,000円
    *通し券はりゅーとぴあのみの取り扱い

    *未就学児入場不可。(託児室有り)
    *車椅子のご利用、難聴者赤外線補聴システムは事前にお申し出ください。
       
  • N-PAC mate…2/17(火)
  • 一般……2/18(水)

    ※1回券・通し券同時発売
     

チケット取り扱い
りゅーとぴあオンライン・チケット
・新潟伊勢丹
・文信堂CoCoLo万代
・セブン‐イレブン(セブンチケット)
・りゅーとぴあ

 

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521


 
僕たちが能の楽しさをお伝えします!

「もっと能の魅力を伝えたい!」と若手能楽師4人組が昨年立ち上げた大好評の能楽講座シリーズです。
若手ならではの柔軟な発想によるお話と実演で、能の楽しみを紹介していきます。

半蔀(はしとみ)忠度(ただのり)花月(かげつ)
<第1回> 5/19(火)19:00開演 テーマ:能「半蔀(はしとみ)」
<第2回> 12/5(土)14:00開演 テーマ:能「忠度(ただのり)」
<第3回> H28/2/20(土)14:00開演 テーマ:能「花月(かげつ)」
 

≪出演≫
佐々木 多門(シテ方喜多流)
大島 輝久(シテ方喜多流)
友枝 真也(シテ方喜多流)
塩津 圭介(シテ方喜多流)
梅内美華子(歌人)

≪聞き手≫
梅内 美華子(歌人)
「日本文化の様々なエキスが詰め込まれたお能は、近づくごとにもっと知りたくなります。
宝箱のようなお能をのぞいてみましょう。」
 
≪監修≫ 
馬場あき子・塩津哲生

≪内容≫
講座は全三回。それぞれ一つの能を選び、おはなしと実演で能の楽しさを紹介していきます。
四人の若手能楽師と歌人・梅内 美華子さんが楽しくご案内。
今回は、各回テーマに合わせゲストが登場します。さらに充実した内容にご期待ください!

・「ご挨拶」…名物“大喜利”!
・「今回はどんな物語?」…能の物語についてお話
・「見どころを実演します」…謡や舞を堪能。
・「能面と能装束を大公開」…装束の着付の実演

 

第1回 『源氏物語』の美しい能
能「半蔀」(はしとみ)

雲林院の僧の前に現れた女は、夕顔の君の霊であった。
夕顔の君は、光源氏との恋の思い出を語り、舞を舞い、夜明けとともに消えていく。
 

第2回 文武両道の平家の公達
能「忠度」(ただのり)

旅僧の前に平忠度の霊が現れ、自身の歌が〈詠み人知らず〉とされたことを嘆く。
忠度の霊は、一ノ谷の合戦の様子を物語り、回向を頼んで消えていく。
 

第3回 美少年が謡い、舞う
能「花月」(かげつ)

清水寺に詣でた旅僧が、花月という少年と出会う。
旅僧は花月の様々な芸を見るうちに、行方不明となった我が子と気付き、親子は再会を喜び合う。


 

◆ 能って?
能は、オペラやミュージカルのように、音楽・芝居・舞踊の要素をすべて含んだ、日本が世界に誇る総合芸術です。無駄を排し極限までシンプルに表現されるそのスタイルは、世界にもあまり例を見ません。

 
   

佐々木 多門 Tamon Sasaki

能楽師(シテ方喜多流)。1972年生。
喜多流能楽師・佐々木宗生の長男。塩津哲生に師事。
 

大島 輝久 Teruhisa Oshima

能楽師(シテ方喜多流)。1976年生。
喜多流能楽師・大島政允の長男。祖父・大島久見、父及び塩津哲生に師事。
 

友枝 真也 Shinya Tomoeda

能楽師(シテ方喜多流)。1969年生。
喜多流能楽師・故友枝喜久夫の孫。友枝昭世及び塩津哲生に師事。
 

塩津 圭介 Keisuke Shiotsu

能楽師(シテ方喜多流)。1984年生。
喜多流能楽師・塩津哲生の長男。父・塩津哲生に師事。
 

梅内 美華子 Mikako Umenai

歌人。1970年生。同志社大学卒業。 馬場あき子に師事。
1991年角川短歌賞。2001年『若月祭』で現代短歌新人賞。2012年『エクウス』で芸術選奨新人賞及び葛原妙子賞。「あぢさゐの夜」で短歌研究賞受賞。2013年青森県褒賞。2015年度読売新聞新潟版よみうり文芸選者。

 
 

主催:公益財団法人新潟市芸術文化振興財団