Noism1&2合同新作 新潟限定公演
劇的舞踊「ホフマン物語」

7/16(金)19:00〜、17(土)・18(日)17:00〜  会場:劇場



 

チケット 発売日
  • N-PAC mate…5/8(土)
  • 一般……5/15(土)

お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521

チケット取扱い
電子チケットぴあ
 0570-02-9999 (Pコード403-316)
ローソンチケット
 0570-084-003 (Lコード36147)
 0570-000-407(オペレーター対応)
イープラス
新潟伊勢丹
CoCoLo万代
りゅーとぴあ

 


本作品はオペラ版台本と、E.T.Aホフマンの3つの原作に着想を得て書かれたオリジナル台本&オリジナル音楽による、劇的舞踊ホフマン物語である。

突然目映い光が空間を照らし、激しいノイズが鳴り響く。
すると様々な大きさの木片を手にした黒衣達が現れる。
黒衣達は竜巻の様に空間を移動し、アントニアをE.T.Aの前から連れ去っていく。
アントニアを追いかけようとするE.T.Aの前に、木片の壁が築き上げられてゆく。
黒衣達はE.T.Aを椅子に座らせ、風の様に消えて行く。
嵐は過ぎ去り、まるで何事もなかったかの様な静寂が訪れる。
 

Noism1&2合同公演 劇的舞踊「ホフマン物語」
特別企画決定!

特別企画1  連日アフタートーク!
今回は公演後に連日アフタートークを実施!!Noism芸術監督・金森穣とホフマン物語の公演に携わったクリエイターとの公演裏話やスペシャルゲストとの対談も予定しております。(詳細は後日りゅーとぴあとNoismのHPでお知らせします。)

特別企画2  Noismホームグランド見学ツアー!
本公演のチケットをご購入いただいたお客様を対象に、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館の施設見学を行います。Noismの本拠地であるりゅーとぴあを見学しませんか?
ご希望の方は6月30日(水)までに下記の方法でお申込みください。

《施設見学の日時》
7月16日(金)17:00〜、7月17日(土)18日(日)15:00〜(各回約30〜40分)
※当日、本公演のチケットをご提示ください。
※日によって施設見学の内容が異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。

《お申込み方法》
往復はがきもしくはメール、FAXにて下記事項を記入しお申込み下さい。
【はがき】
往診欄:@〒 A住所 B氏名(ふりがな)CTEL(FAX申込みの方はFAX番号も)D施設見学希望日 E座席番号(チケットの券面に記載してあります。)
返信欄:〒、住所、氏名
【メール/FAX】@〜Eまでを記載の上お申込みください。
※ 各回定員30名(定員をオーバーした場合は抽選を行います。) 
当選者の方には7月9日(金)までに返信はがき、メールもしくはお電話・FAXにてご案内 いたします。

〈申込先・お問い合わせ〉
〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町3−2 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 
事業課 Noism施設見学担当
TEL:025−224−7000  FAX:025−224−5626  E-mail:info-noism@ryutopia.or.jp

 東京発着の鑑賞ツアーのご案内 → 詳しくはこちら
 ツアー申込ページ → こちら(JTBサイトにジャンプします)
 県外からの交通案内 → 詳しくはこちら



演出振付・空間/金森穣
音楽/トン・タッ・アン
衣裳/中嶋佑一(artburt)
照明/伊藤雅一(株式会社 流)、金森穣
出演/Noism1/Noism2

 

金森 穣/演出振付・空間

演出振付家・舞踊家。りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館舞踊部門芸術監督/Noism芸術監督。ルードラ・ベジャール・ローザンヌにて、モーリス・ベジャールらに師事。ネザーランド・ダンス・シアターU、リヨン・オペラ座バレエ、ヨーテボリ・バレエを経て2002年帰国。2003年初のセルフ・プロデュース公演「no・mad・ic project〜7 fragments in memory」で朝日舞台芸術賞を受賞し、一躍注目を集める。2004年4月、新潟りゅーとぴあ舞踊部門芸術監督に就任し、劇場専属舞踊団Noismを立ち上げる。自らの豊富な海外経験を活かし、革新的なクリエイティヴィティに満ちたカンパニー活動を次々に打ち出し、そのハイクオリティな企画力に対する評価も高い。平成19年度芸術選奨文部科学大臣賞、平成20年度新潟日報文化賞ほか受賞歴多数。
 

トン・タッ・アン/音楽

ヴェトナム人作曲家、歌手、ピアニスト。1970年パリ生まれ。彼の父で作曲家のトン・タッ・ティエにより、幼少よりピアノや音楽教育を受ける。作曲家として研鑽を積み、90年後半に舞台のための作品を創作するようになる。2005年に金森穣に出会い、『NINA-物質化する生け贄』(2005年)と『PLAY 2 PLAY−干渉する次元』(2007)を作曲。2010年は台湾人振付家ファン・イーと共にクラウド・ゲートUのためのダンス企画や、新アルバム『Hyperbody!』をリリースするなど活躍がめざましい。
 

中嶋佑一/衣裳

1981年生まれ。16歳から服を作り始め、2007年不定形ファッションブランドartburt(アルトバルト)をスタートさせる。2004年より現在まで、演劇、コンテンポラリーダンス、パフォーマンス等の衣裳デザイン・製作も行う。
 

Noism1

出演:井関佐和子、宮河愛一郎、藤井 泉、櫛田祥光、中川 賢、青木枝美、永野亮比己、真下 恵、藤澤拓也、後田 恵、計見 葵

Noismのメインカンパニー。りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館が、舞踊部門芸術監督に金森穣を迎えたことにより、劇場専属のダンスカンパニーとして2004年4月設立。日本初、ヨーロッパスタイルのプロフェッショナル・ダンス・カンパニーとして、次々に発表する独創的な企画、作品は、日本のコンテンポラリー・ダンス界を牽引している。2007年以降、海外6か国9都市でも公演。2013年8月までの活動延長も決まり、新潟からの劇場文化発信の一翼を担う存在として、益々大きな期待と注目を集めている。第8回朝日舞台芸術賞舞踊賞受賞。
 

Noism2

石垣文子、亀井彩加、角田レオナルド仁、永井由利子、廣川沙恵、堀川美樹、山崎文香、吉田駿太朗

Noismの研修生カンパニー。りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館のレジデンシャル・ダンス・カンパニーNoism1付属の研修生カンパニーとして2009年9月設立。Noism2メンバーによる初の単独公演を2010年3月に開催。現在8名が在籍し、日々研鑽を積んでいる。