りゅーとぴあ舞台芸術フェスティバル "Le port de l'art (芸術のミナト)"



携帯電話やインターネットの普及とともに、人と直接会話をする機会は不足しています。自分の声を使ってコミュニケーションをすることについて、改めて考えてみませんか?
「反・現代口語演劇」の旗手として注目を浴びる演出家・中屋敷法仁とともに、現代演劇や歌舞伎・落語などを題材に「自分の声でしゃべること」について探っていきます。
しゃべってしゃべって、しゃべり倒す6日間。最終日にはワークショップで培った「おしゃべり」を使った作品を発表します。
おしゃべり好きもおしゃべり下手も、お気軽にご参加ください。


東北関東大震災の影響により、3/15(火)にて終了となりました。
3/18(金)に予定されていた発表公演も中止となりました。

対象 高校生以上
参加条件 計6日間の日程すべてに参加できること。
参加費 2,000円
(ワークショップ初日にお支払いください。)
定員 20名(先着順)
申込方法 氏名・ご住所・電話番号・年齢・職業をご明記の上、全身写真を一点同封し、下記の宛先までお申し込みください。
〒951-8132
新潟市中央区一番堀通町3-2
(白山公園内)おしゃべりWS係
お問合せ りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館事業課
演劇祭担当 025-224-7000

中屋敷法仁(なかやしきのりひと)
劇作家・演出家・劇団「柿喰う客」代表。1984年青森県生まれ。
演劇の虚構性を重視し「圧倒的なフィクション」の創作を続ける。柿喰う客として08年フランス公演、09年国内5都市ツアー、三重県文化会館のレジデンス事業、10年フランス、トルコ公演、日中韓3ヶ国の俳優との国際共同制作などを行う。吉本興業・神保町花月や学習院女子大など、外部演出も多数。





演劇祭公演の周辺で、「ふちかざり」のように開催されるパフォーマンス「フリンジ公演」。
期間中、りゅーとぴあ2階の共通ロビーに特設ステージが出現し、観覧無料のパフォーマンスショーが開催されます!
バラエティ豊かなパフォーマーが揃いましたので、演劇祭観劇の前に、どうぞ気軽にお立ち寄りください!

開催会場:りゅーとぴあフリンジ特設舞台(2F共通ロビー)  観覧無料!

3/13(日)
12:00~12:45

りゅーとぴあ演劇スタジオ キッズ・コース APRICOT
今年8月に誕生10周年を迎えるAPRICOTがフリンジ公演に登場!3月27日に控えた春季公演「ホンゴル 愛しいもの」の音楽を先駆けて披露します。

 

Juggling Performer Domino
(ジャグリング パフォーマー ドミノ)
大道芸的なジャグリングとは一味違う、技と軌道を見せるオブジェクトパフォーマンスです!
※3/21(月・祝)にも出演

 

Campany D'ash
(カンパニー・ダッシュ)
新潟で瞬間最大集客を誇った、伝説(?)の劇団「Campany Ash」の一部メンバーが再集結。
一人芝居で演劇祭に殴り込みをかけます!

3/20(日)
17:00~17:45

余 子慶
(ヨ シケイ)
中国人・余 子慶による中国伝統楽器のパフォーマンス。
ショウ(笛)・フルス(ひょうたん笛)・ケン(土笛)など、多彩な楽器が飛び出します!

 

広橋綾子(ひろはしりょうこ)
斎藤愛子(さいとうあいこ)
新潟で活躍する、ピアニスト・斎藤愛子とクラリネット奏者・広橋綾子のデュオです。聴いて楽しい、目で見て楽しい、そんな音楽をお届けします。

 

・)ふぇるまぁた
洋楽を中心に、気ままに音楽を楽しむ愉快な二人組です。ミュージカル曲を中心に演奏します!

3/21(月祝)
12:00~12:45

Juggling Performer Domino
(ジャグリング パフォーマー ドミノ)
大道芸的なジャグリングとは一味違う、技と軌道を見せるオブジェクトパフォーマンスです!

 

中央ヤマモダン
卓越したセンスでファンを増やす、コント専門の劇団です。月末にライブを控える彼らが、フリンジ公演ではどんなパフォーマンスを披露してくれるのか!?




演劇祭最終日に、新潟演劇人によるロビートークを開催します!
最終日21日の、劇団ハンニャーズ公演の前後に開催しますので、観劇と合わせて気軽にお立ち寄りください!


3月21日(月・祝) 17:30~18:30
開催会場:りゅーとぴあ4階 スタジオB前