催物主催者のみなさまへ コロナ対策協力願い(令和2年6月25日版)

  • ホーム >
  • お知らせ >
  • 催物主催者のみなさまへ コロナ対策協力願い(令和2年6月25日版)
2020年06月26日

催物主催者のみなさまへ 

新型コロナウイルス感染拡大予防のための協力のお願い(令和2年6月25日版)

 

政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針の改定(令和2年5月25日)を受け 、
新潟県でも「新しい生活様式」 の定着等を前提に、
一定の移行期間を設けて催物の開催制限などの段階的な緩和が行われます。

当館でも、感染に対する最大限の対策を講じ、主催者、公演関係者、来場者のみなさまの
安全を確保しながら、文化活動の再開に寄与していきたいと存じます。

三つの密のリスクが比較的高いと考えられるホール・練習室の利用においては、
すべての関係者が相互に感染回避に取り組むことが重要です。
何卒ご理解をいただき、ご協力をお願いいたします。

催物主催者のみなさまへ、以下の対応をお願いいたします。

・適切な感染防止策(入退場時の制限や誘導、待合場所等における密集の回避、手指の消毒、
 マスクの着用、室内の換気、出演者の発声等を伴う催物にあっては客席との十分な距離の確保、
 声援に係る感染防止策など)を実施してください。

・催物の前後や休憩時間などの交流の場で感染拡大のリスクを高める可能性があることを踏まえ、
 こうした交流等を極力控えることを呼びかけてください。

・催物の出演者、来場者等の移動中や移動先における感染防止のための適切な行動管理を行ってください。
 (例えば、夜の街への外出等の感染リスクのある行動の回避)

・後に記載する上限人数に満たない催物であっても、
 形態や場所によってリスクが異なることに十分留意してください。
 (例えば、密閉空間での大声の発声、歌唱や声援、または近接した距離での会話など)

・公演関係者、来場者の名簿を作成し、氏名および緊急連絡先を把握しておいてください。

 

協力を求める具体的対策

練習室での催物の場合

音楽文化会館の感染防止対策

「合唱」「カラオケ」「吹奏楽」の利用における留意点

なお、この協力願いは、
今後の対処方針の変更のほか、新型コロナウイルスの感染の動向や専門家の知見などを踏まえ、
必要に応じて適宜改定を行うものといたします。

また再度、感染の拡大などが認められた場合には、
厳しい行動変容の要請などを行う場合があります。                           

                                     新潟市音楽文化会館

催物主催者のみなさまへ コロナ対策協力の願い(令和2年6月25日版)の全文


施設の定員

 

コロナ対応による定員(人)

通常の定員(人)

ホール

265

530

練習室1

50

100

練習室2

20

40

練習室3

20

40

練習室4

18

36

練習室5

12

24

練習室6

12

24

練習室7

14

27

練習室8

16

32

練習室9

15

30

練習室10

50

100

練習室11

40

80

練習室12

20

40

練習室13

40

80