ベスト・セレクション2019

ベスト・セレクション2019チラシPDF
音楽発売中財団主催

りゅーとぴあベスト・セレクション2019

開催日時
2019年7月27日(土)
19:00 ~

2019年9月26日(木)
19:00 ~

2019年10月4日(金)
19:00 ~
会場
コンサートホール
チケット
S席セット券 : 9,000円
A席セット券 : 7,200円
(3公演同一の席になります)
お得な情報
セット券
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
N-PAC mate...2019年2月16日(土)
一般...2019年2月20日(水)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(電話・窓口)
セット券販売終了
3月31日(日)19:00
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

新しいコンサート・シリーズ誕生!
世界第一級の音楽家たちが、次々にりゅーとぴあへ。

世界を駆ける第一級の音楽家たちが、次々にりゅーとぴあにやってくる。2019年は、フランス出身の3人。いずれも喝采が止むことのない、当代一流のソリストだ。新潟にいながらにして世界最高を聴く、りゅーとぴあベスト・セレクション。黄金のシリーズが、今年開幕する。

りゅーとぴあベスト・セレクション2019
各公演料金/S席4,000円 A席3,000円 B席2,000円

マチュー・デュフォー フルート・リサイタル

ピアニスト:浦壁信二

日時/2019年7月27日(土)19:00
発売日/N-PACmate(友の会):4月5日(金) 一般:4月10日(水)

ベスト・セレクション2019の画像
©ヤマハ株式会社

ベルリン・フィル首席奏者、太陽のフルーティスト。
温かな音で、聴く人すべてを幸せにする。

マチュー・デュフォーの音は温かい。そして、大ホールの隅々まで届く力強さも持っている。聴く人の心を、まるで太陽の光のようにあたため、幸せにする。パリもシカゴも彼に喝采を贈り、今はベルリンの聴衆がその恩恵に浴している。その美音を、りゅーとぴあで。

PROGRAM(予定)

プーランク : フルートとピアノのためのソナタ FP164
ミヨー : フルートとピアノのためのソナチネ Op.76
マルタン : フルートとピアノためのバラード
シューベルト : 「しぼめる花」による序奏と変奏曲 Op.160 D.802
ライネッケ:フルートとピアノのためのソナタ「ウンディーネ」Op.167

PROFILE

パリ生まれ。リヨン国立音楽院を満場一致の首席で卒業。ランパル国際フルート・コンクール第2位、神戸国際フルート・コンクール第2位。トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団首席奏者、パリ国立歌劇場管弦楽団スーパー・ソロイスト、シカゴ交響楽団首席奏者を経て、2015年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席ソロ奏者に就任。ソリストとして、バレンボイム、ブーレーズ、エッシェンバッハ等の指揮者と共演している。

エリック・ル・サージュ ピアノ・リサイタル

日時/2019年9月26日(木)19:00
発売日/N-PACmate(友の会):5月23日(木) 一般:5月25日(土)

ベスト・セレクション2019の画像

エレガントな才気
天才が認め、共演を熱望する音の詩人。

ル・サージュは我が道を行く、ちょっと変わった人だ。でも生み出す音楽があまりに豊かなので、パユやメイエ、ルルーといった有名な音楽家達が次々に共演を申し込む。シューマンから限りないファンタジーを生み出す、その手腕の鮮やかさといったら!これ、見逃せない。

PROGRAM(予定)

シューマン:子供の情景 Op.15
フォーレ:夜想曲第6番 変ニ長調 Op.63
ドビュッシー:子供の領分
ドビュッシー:喜びの島
シューマン:謝肉祭 Op.9

PROFILE

南仏のエクサン・プロヴァンス生まれ。パリ国立高等音楽院を17歳で卒業。1989年ロベルト・シューマン国際コンクール第1位。ソリストとして欧米の著名ホールに出演するほか、優れた室内楽奏者としても名高く、1992年よりメイエ(クラリネット)、パユ(フルート)等と共にサロン・ド・プロヴァンス国際室内楽音楽祭を主宰。これまでにシューマンのピアノ曲・室内楽作品全集(2010年ドイツ・レコード批評家賞受賞)を含む多数のCDをリリース。パユやメイエ、ルルーといったメンバーと組んだアンサンブル「レ・ヴァン・フランセ」でも唯一無二、欠かせないメンバーとして世界各地で演奏、絶賛を博している。

グザヴィエ・ドゥ・メストレ ハープ・リサイタル

日時/2019年10月4日(金)19:00
発売日/N-PACmate(友の会):6月8日(土) 一般:6月12日(水)

ベスト・セレクション2019の画像
©Jean-Baptiste Millot

ハープ界の若き帝王。元ウィーン・フィル首席奏者
美しい音は、光の粒子となって降り注ぐ。

豪華絢爛、一台のハープから魔法のように生み出される、美しき光の粒子。だがその眩しさにだけ目を奪われてはいけない。彼は、聴く人に美しさを届けることに、いつもこの上なく真摯に取り組んでいる。高貴で誠実な魂こそが、光を生み出す。その姿をここで。

PROGRAM(予定)

アルベニス:マヨルカ(舟歌)op.202
アルベニス:12の性格的な小品集op.92より「朱色の塔」
アルベニス:スペイン組曲第1集op.47より第1番「グラナダ」、第5番「アストゥリアス」
グラナドス:詩的なワルツ集
グラナドス:スペイン舞曲集 Op.37より 第5番「アンダルーサ」
タレガ:アルハンブラの思い出
ファリャ:歌劇「はかなき人生」よりスペイン舞曲第1番 ほか

PROFILE

ハープ界を牽引する第一人者として世界的に活躍。フランス生まれ。9歳からハープを学ぶ。1998年USA国際ハープ・コンクール優勝後、2010年までウィーン・フィルのソロ・ハーピストを務める。複数の作曲家の委嘱作品のほかに、スメタナの「わが祖国」など、通常はフル・オーケストラで演奏される作品の数々を見事なアレンジでハープ・ソロにより披露する。2001年以来、ハンブルグ音楽大学で後進の指導にもあたる。録音はソニー・ミュージックより多数。最新版は「スペインのセレナーデ」。公式ホームページ:www.xavierdemaistre.com

 

チケット取扱い

りゅーとぴあ(電話・窓口)

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)