ゲイリー・カー コントラバス・リサイタル

ゲイリー・カー コントラバス・リサイタルチラシPDF
音楽発売中財団主催

ゲイリー・カー コントラバス・リサイタル

開催日時
2019年11月21日(木)
19:00 ~(開場 18:30)
会場
コンサートホール
チケット
S席 : 4,000円
A席 : 3,000円
B席 : 2,000円
※本公演は東響定期会員(S席)の特典公演です。
お得な情報
-
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
会員...2019年8月23日(金)
一般...2019年8月29日(木)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
セブンチケット
新潟伊勢丹
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

コントラバス界の“生きる伝説”が新潟にやってくる!

ゲイリー・カー コントラバス・リサイタルの画像
ⒸKing Records

出演
コントラバス:ゲイリー・カー
ピアノ:ハーモン・ルイス

プログラム
エックレス:ソナタ イ短調
グリーグ:ソナタ イ短調 Op.36
メンデルスゾーン:無言歌
ラヴェル:ハバネラ
ボッテシーニ:夢、タランテラ
サン=サーンス:「動物の謝肉祭」より 白鳥
クーセヴィツキー:アンダンテ、小さなワルツ
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
カタロニア民謡:鳥の歌
パガニーニ:ロッシーニの歌劇「エジプトのモーゼ」の主題による幻想曲
ほか

伝説のコントラバス、来日。聴き逃せない至極の低音。

ゲイリー・カー コントラバス・リサイタルの画像

“コントラバス”という楽器を一番よく見かけるのは、オーケストラではないでしょうか。ハーモニーの土台となって全体を支える、これがコントラバスに与えられる役割の大半でしょう。その中、ゲイリー・カーという人物がコントラバス界に登場し、ソロ楽器としての可能性を追求しはじめました。彼はこれまで、楽器の大きな見た目からは想像できない繊細な音色、そして魅力的で美しい低音を世界中に届けてきました。何といっても彼の最大の魅力は、心揺さぶる歌心あふれる演奏でしょう。今年78歳になる“ミスター・コントラバス”のこれまでの集大成ともいえるリサイタルを、11月にりゅーとぴあコンサートホールで開催します。ピアノは長年ゲイリー・カーのパートナーとして伴奏を務めてきた名手ハーモン・ルイス。生きる伝説となったコントラバスの巨匠の演奏、そして黄金タッグによる最高のステージをどうぞお聴き逃しなく。

ゲイリー・カー(コントラバス)

ゲイリー・カー コントラバス・リサイタルの画像

1941年ロサンゼルス生まれ。9歳の頃からコントラバスを始め、ヘルマン・ラインスハーゲンのもとで本格的に研鑽を積む。その後、南カリフォルニア大学、アスペン音楽学校、ジュリアード音楽院他で学び、この頃からコントラバスの独奏楽器としての可能性に強い関心を持ち始めた。61年、シカゴ・リトル交響楽団の独奏者に迎えられ、翌 62 年レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニックをバックにサン=サーンス「白鳥」を独奏して、世界中の注目を集めた。その後、ニューヨークのタウンホールでデビューした際に、演奏に感銘を受けた故セルジュ・クーセヴィツキー夫人から同氏遺愛の1611年製の名器アマティを委譲される。71年以降、ピアニストでオルガン・チェンバロ奏者でもあるハーモン・ルイスとデュオを組み、世界中で演奏活動と数多くの録音を行なった。
以来今日まで、史上初めてのソロ・コントラバス奏者として、シカゴ響、ロンドン・フィル、モントリオール響、オスロ・フィル、イギリス室内管など世界各地の著名オーケストラと共演を重ねる一方、超絶的な技巧を見せるのみならず音楽を楽しみ、楽しませるという理念のもとに幅広いコンサート活動を展開している。その卓越した業績により、これまでにローザ・ポンセル財団、アメリカ弦楽器指導者協会(ASTA )、国際コントラバス協会などから数々の賞を授与されており、2005年6月にはヴィクトリア大学より名誉音楽博士号を授与された。2001年6月、インディアナポリスで開かれた国際コントラバス協会コンヴェンションで行った最後の公式演奏会には27の国からの800人のコントラバス奏者を含む大勢の聴衆が駆けつけ、200人にのぼる弟子たちとファンから、彼の名をつけたバラを贈られた。現在は、毎年7月にコントラバス奏者のためのサマースクール「KarrKamp」を主催、併せて同時期に開催のヴィクトリア・サマー・ミュージック・フェスティバルに参加している。1995年以降、ヴィクトリアのジェームズ・ハムがブリティッシュ・コロンビア州の木材で制作したコントラバスを愛奏している。また、アマティを贈ったクーセヴィツキー夫人の厚意に報いるため、1984 年にカー・ダブルベース財団を設立。才能あるコントラバス奏者への楽器の貸与、コントラバスのためのソロ作品委嘱など、コントラバス振興のための活動を続けている。

ハーモン・ルイス(ピアノ)

ミシシッピ生まれ。ピアノ、オルガン、チェンバロを学び、インディアナ大学で音楽修士号および博士号を取得。ピアニストとしてだけでなくオルガニストとしても活躍、カナダ放送協会のオルガン・リサイタルシリーズにもたびたび出演した。1971 年、ゲイリー・カーとデュオを結成。北米各地のみならず、ヨーロッパ、アジアなど世界中で活発に演奏活動を行い、エディンバラ音楽祭、ベルゲン音楽祭をはじめとする各地の音楽祭にもたびたび招かれた。現在はゲイリー・カーと共にブリティッシュ・コロンビア州ヴィクトリアに住み、この 30 年間に編曲し演奏してきた作品のほとんどを網羅する大規模な録音プロジェクトに乗り出している。

チケット取扱い

りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
セブンチケット
新潟伊勢丹

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)