【開催中止】「りゅーとぴあ・ベートーヴェン250」を楽しむためのプレ講座

【開催中止】「りゅーとぴあ・ベートーヴェン250」を楽しむためのプレ講座
講座・ワークショップ財団主催

【開催中止】「りゅーとぴあ・ベートーヴェン250」を楽しむためのプレ講座

開催日時
2020年5月2日(土)
10:30 ~ 12:15(開場 10:00)
会場
劇場
チケット
全席自由 : 1,000円
 ※チケットレス/当日入場時に支払い
★5/9「深セン交響楽団」本公演チケットをお持ちの方は、入場時にチケット提示で無料!
お得な情報
-
サービス情報
-
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
企画制作
りゅーとぴあ 事業企画部
協力
アーモンド株式会社
お問い合わせ
りゅーとぴあ 事業企画部
025-224-7000
(平日10:00~18:00/休館日を除く)

講座の主たる内容として解説予定でした「深セン交響楽団&ファジルサイ」の中止に加え、イタリア人ピアニストのセルジョ・バイエッタ氏が、海外からの渡航制限により来日の見通しが立たなくなりましたため、併せて中止とさせていただきます。ご了承ください。

「深セン交響楽団&ファジル・サイ」チケット購入者必聴!

りゅーとぴあでは、ベートーヴェン生誕250周年のメモリアル・イヤーに、「りゅーとぴあ・ベートーヴェン250」と題したシリーズを展開します。国内外の一流音楽家が次々に集い、ベートーヴェンの主要な創作ジャンルを網羅する当シリーズ。5月3日開催の「牛田智大ピアノリサイタル」で開幕することを記念し、「春の新潟音楽ウィーク2020」期間中に、「りゅーとぴあ・ベートーヴェン250を楽しむためのプレ講座」を開催します。
講師は、松田亜有子氏。「ビジネスに効く世界の教養」という独自の切り口でクラシック音楽を紹介し、ビジネスパーソンやクラシックビギナーを中心に異例のヒットとなった『クラシック音楽全史』(ダイヤモンド社)の著者であり、メディアでも話題の音楽プロデューサーです。特に松田氏には、5月9日(土)開催の「深セン交響楽団&ファジル・サイ」の魅力を中心にお話いただく予定ですので、この講座を聴かれた上で本公演へご来場いただくと、当日が100倍楽しめるに違いありません! ぜひ本公演と合わせてのご来場を、お待ちしています。

序章 「りゅーとぴあ・ベートーヴェン250」シリーズとは?

2020年5月~12月までの間、国内外の一流音楽家が次々に集い、ベートーヴェンの主要な創作ジャンルを網羅して楽聖の真実の姿を浮き彫りにする「りゅーとぴあ・ベートーヴェン250」。当シリーズの概要について、FMPORT「りゅーとぴあ・スタンディング・オベーション」でもおなじみ、音楽企画課長の榎本がご紹介します。

【お話】榎本広樹(りゅーとぴあ音楽企画課長)

【開催中止】「りゅーとぴあ・ベートーヴェン250」を楽しむためのプレ講座の画像

 

第1章 世界のオーケストラ事情&爆速進化を遂げる中国のオーケストラ

文筆家・音楽プロデューサーの松田亜有子氏は、東京フィルハーモニー交響楽団の元広報渉外部長で、各国のクラシック音楽事情に精通しています。その松田氏が世界のオーケストラ事情、とりわけ急速に進化を遂げる中国のオーケストラについて、さらには5月9日(土)に新潟で開催する「深セン交響楽団&ファジル・サイ」における楽団、指揮者、ソリストの魅力を詳説します。

【講師】松田亜有子(文筆家・音楽プロデューサー)

【開催中止】「りゅーとぴあ・ベートーヴェン250」を楽しむためのプレ講座の画像
(C)上野隆文

 

第2章 ベートーヴェンのピアノ協奏曲を100倍楽しむ!(生演奏付)

ベートーヴェンが、その生涯で5曲書いた「ピアノ協奏曲」。全曲の概要や歴史・背景に触れた後、5月の「深セン交響楽団&ファジル・サイ」で演奏される「ピアノ協奏曲第3番」について生演奏付で「聴き所」を徹底解説します。ピアノは、ヨーロッパで人気沸騰中の天才イタリア人ピアニスト、セルジョ・バイエッタ。オーケストラ好きはもちろん、ピアノ好きの方も必聴です。

【講師】松田亜有子(文筆家・音楽プロデューサー)
【演奏】セルジョ・バイエッタ(ピアニスト)

【開催中止】「りゅーとぴあ・ベートーヴェン250」を楽しむためのプレ講座の画像

【開催中止】「りゅーとぴあ・ベートーヴェン250」を楽しむためのプレ講座の画像

このイベントを見る人は、こんなイベントも見ています

お問い合わせ

りゅーとぴあ 事業企画部
025-224-7000
(平日10:00~18:00/休館日を除く)