東京交響楽団 第112回新潟定期演奏会

東京交響楽団 第112回新潟定期演奏会チラシPDF
音楽発売中財団主催

東京交響楽団 第112回新潟定期演奏会

開催日時
2019年3月31日(日)
17:00 ~(開場 16:15)
会場
コンサートホール
チケット
S席 : 7,000円
A席 : 5,000円
B席 : 4,000円
C席 : 3,000円
D席 : 2,000円
U25シート : 1,500円
・25歳以下の方(未就学児を除く)
・コンサート当日空席がある場合に限り15:00よりインフォメーションで販売
・取扱いはりゅーとぴあのみ
・購入時に年齢のわかるものをご提示いただきます
・席種及び座席番号の指定はできません
お得な情報
U25シート
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
N-PAC mate...2018年10月26日(金)
一般...2018年10月27日(土)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟伊勢丹
セブンチケット
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

名作には、理由がある。
迫力の響きと美しいメロディ、そして見事なストーリー。
時を越え、世界中の人々を魅了し続ける「運命」と「田園」を、この一日で。

出演

指揮:高関 健

曲目

ベートーヴェン:交響曲 第5番 ハ短調 op.67 「運命」
ベートーヴェン:交響曲 第6番 ヘ長調 op.68 「田園」

第112回 新潟定期演奏会の聴きどころ

ベートーヴェンの名交響曲2曲を、一日で楽しむことのできるお楽しみコンサート。本質を追求し続ける名指揮者、高関健と、切れ味の鋭さと溶け合った響きをあわせ持つ東京交響楽団の演奏で、質の高さは折り紙付き。「運命」と「田園」、200年以上も世界中の人々をひきつけてやまない黄金のコンビを、春の日曜日の午後、りゅーとぴあでどうぞ。

指揮:高関 健

東京交響楽団 第112回新潟定期演奏会の画像
©Masahide Sato

国内はもちろん海外への客演も多く、2013年と2017年のサンクトペテルブルグ・フィル定期演奏会では聴衆や楽員から大絶賛を受けた。オペラでも新国立劇場「夕鶴」、大阪カレッジオペラ「ピーター・グライムズ」などで好評を博し、P.ブーレーズ、M.マイスキー、I.パールマン、M.アルゲリッチなどの世界的作曲家やソリストからも絶大な信頼を得る。広島響音楽監督・常任指揮者、新日本フィル正指揮者、大阪センチュリー響常任指揮者、群馬響音楽監督、札幌響正指揮者などを歴任し、現在東京シティ・フィル常任指揮者、京都市交響楽団常任首席客演指揮者、仙台フィルのレジデント・コンダクター、静岡響ミュージック・アドヴァイザー。

東京交響楽団

1946年、東宝交響楽団として創立。1951年に東京交響楽団に改称し、現在に至る。現代音楽の初演などにより、文部大臣賞、毎日芸術賞、文化庁芸術作品賞、サントリー音楽賞、川崎市文化賞等を受賞。サントリーホール、ミューザ川崎シンフォニーホール、東京オペラシティコンサートホールで主催公演を行うほか、川崎市、新潟市、八王子市などの行政と提携し、コンサートやアウトリーチを積極的に展開、「こども定期演奏会」「0歳からのオーケストラ」が注目されている。また、新国立劇場のレギュラーオーケストラとして毎年オペラ・バレエ公演を担当。海外公演も多く、これまでに58都市で78公演を行ってきた。
音楽監督にジョナサン・ノット、正指揮者に飯森範親、桂冠指揮者に秋山和慶、ユベール・スダーン、名誉客演指揮者に大友直人を擁する。2016年に創立70周年を記念しウィーン楽友協会を含むヨーロッパ5力国での公演を行う。また2018年8月には日中平和友好条約締結40周年を記念し上海・杭州にて公演を行い、日中の文化交流の役割を果たした。

公式サイト:http://tokyosymphony.jp/

東京交響楽団 第112回新潟定期演奏会の画像

チケット取扱い

りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟伊勢丹
セブンチケット

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)