新作能「利休」

古典1/15 先行発売財団主催

新作能「利休」

開催日時
2022年3月13日(日)
14:00 ~

※この公演は国および新潟県、新潟市のガイドラインに基づき、客席制限は行わずに開催いたします。
会場
能楽堂

チケット料金・お申し込み

チケット
S席 : 6,500円
A席 : 5,500円
B席 : 4,500円
U25(B席) : 2,500円
お得な情報
U25
サービス情報
-
チケット発売日
会員...2022年1月15日(土)
一般...2022年1月18日(火)
会員制度
会員制度について
チケット取扱い
りゅーとぴあ(オンライン・電話・窓口)
りゅーとぴあオンライン・チケット
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
▷オンライン&電話/発売初日11:00~
▷窓口/発売初日は取扱いなし。残席がある場合には翌営業日11:00より取り扱い開始

主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
協力
公益財団法人小田原文化財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

イベント内容について

茶道の大成者・千利休を描いた
歌人・馬場あき子作の新作能が登場!

茶道の大成者・千利休(せんのりきゅう)をテーマに、現代美術作家・杉本博司が構想・企画し、歌人・馬場あき子が書き下ろした新作能「利休-江之浦」。利休ゆかりの茶室・天正庵(てんしょうあん)跡を訪れた、利休の高弟の大名・細川忠興(ただおき)の前に利休の霊が現れ、切腹に至る秀吉との因縁を語ります。

このたび、新演出によりタイトルを「利休」と改題し、待望の新潟登場となりました。当初2020年3月に上演が予定されていましたがコロナ禍で中止となり、2年の時を経て上演の運びとなりました。

シテは、京都を中心に活躍中の能楽師・片山九郎右衛門(かたやまくろうえもん)です。演能前には馬場あき子のお話で、作品へのイメージをふくらませ、さらにその世界をお楽しみいただくことができます。2022年は利休の生誕500年の記念イヤーです。ぜひご覧ください。

新作能「利休」

作:馬場あき子 演出:片山九郎右衛門

※この作品は、杉本博司氏が構想・企画し馬場あき子氏に委嘱した新作能「利休—江之浦」を、タイトルを「利休」と改題し新演出で上演するものです。

お話 馬場あき子(歌人)
新作能「利休」片山九郎右衛門(シテ方観世流)

 

チケット取扱い

りゅーとぴあ(オンライン・電話・窓口)
りゅーとぴあオンライン・チケット
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
▷オンライン&電話/発売初日11:00~
▷窓口/発売初日は取扱いなし。残席がある場合には翌営業日11:00より取り扱い開始

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)