このページの本文へ移動

講師・スタッフ

脚本

笹部 博司(ささべ ひろし)

講師・スタッフの画像
りゅーとぴあ演劇部門芸術監督。演劇プロデューサー。主な企画作品に「奇跡の人」“白石加代子「百物語」シリーズ”「身毒丸」「グリークス」など。
新潟においては、APRICOTの立ち上げから全作品に関わり、りゅーとぴあ製作ミュージカル「ファデット」「家なき子」などをプロデュースする他、近年では「物語の女たち」シリーズを企画し、全作品の上演台本と演出を担う。また、「エレクトラ」「オフェリアと影の一座」の上演企画及び台本を担当。井上芳雄主演「夜と霧」「星の王子さま」では上演台本のほか演出も手掛ける。

演出・パフォーマンスクラス講師

戸中井 三太(となかい さんた)

講師・スタッフの画像
劇作家・俳優・ナレーター。劇団カタコンベ主宰。市内外の小中学校で演劇ワークショップ講師や学校ミュージカルの演出を務める。
りゅーとぴあでは、開館20周年記念ミュージカル「シャンポーの森で眠る」の演出を担当。APRICOTでは2001年より全ての作品に演出等として携わる。

振付・ダンスクラス講師

内堀 照子(うちぼり てるこ)

講師・スタッフの画像
1972年、内堀照子舞踊研究所開設。コンテンポラリーな作品、バレエなどの創作、指導にあたっている。新潟市洋舞踊協会会長。現在劇団ひまわりにてダンス講師を務める。
また高校ダンス部の指導にも力を注いでいる。
りゅーとぴあでは、開館記念ミュージカル「シャンポーの森で眠る(’98)」のほか、「ファデット」「七つの人形の恋物語」「半神」などの舞台の振付を担当。APRICOTでは、ほぼ全ての作品の振付及び指導を担当。

ヴォーカルクラス講師

西潟 明美(にしかた あけみ)

講師・スタッフの画像
東京音楽大学声楽科卒業。現在劇団ひまわり、i-MEDIA国際映像メディア専門学校、音楽教室でのピアノ・声楽講師。新潟声楽協会会員。
りゅーとぴあでは「シャンポーの森で眠る」を始め、演劇スタジオアクターコース、能楽堂シェイクスピアシリーズ「リア王」などの歌唱指導を担当。APRICOTでは2005年よりヴォーカルクラス講師を務める。

作曲

野瀬 珠美(のせ たまみ)

講師・スタッフの画像
武蔵野音楽大学大学院作曲専攻修了。国内外の演奏家やアーティストに作曲作品を多数提供している。
舞台作品の音楽も数多く手掛けており、主な作品としては、りゅーとぴあプロデュース「オフェリアと影の一座」(2016年 白石加代子主演)「星の王子さま」(2017年 井上芳雄 木村花代 上白石萌歌出演)などがある。
APRICOTでは2003年「赤毛のアン」以降ほぼすべての作曲を担当。現在、新潟県立新潟中央高等学校音楽科非常勤講師。
ページの先頭へ