このページの本文へ移動

ジュニア邦楽合奏団

活動のご案内

新潟市ジュニア邦楽合奏団は、小学校2年生から高校3年生までを対象とした青少年のための邦楽合奏団です。平成7年6月に箏教室だけで産声をあげ、2年目には三味線教室を、そして3年目には尺八教室を開設し、今では公立として全国唯一の“ジュニアのための邦楽合奏団”として活動しています。教室は、各楽器をグループレッスンで学ぶ「単科教室」と、日本の伝統楽器を用いて合奏する「合奏教室」に分かれ、合奏教室は初級合奏・中級合奏・上級合奏の進級制度を設けています。また近年は作曲家の川崎絵都夫氏に作品を委嘱し、毎年定期演奏会にて初演してきました。現在は約40名の団員が土曜日の午後、新潟市音楽文化会館及びりゅーとぴあで練習に励んでいます。

ジュニア邦楽合奏団の目標

日本の伝統楽器である箏・三味線・尺八に触れ、親しみ、楽しみながら邦楽合奏を行い、邦楽をとおしての仲間づくりを目的としています。また常に演奏レヴェルの向上に努め、より質の高い演奏を市民をはじめ多くの聴衆に提供することを目指しています。

対象・団員構成

小学校2年生から高校3年生
団員数:約40名

活動内容

原則として、月4回、土曜日の午後2時~5時まで。また演奏会前には、練習時間を午
後1時~5時半まで延長し、回数も増やすことがあります。このほか、夏季合宿や春季
集中練習などにより、日曜日に練習することもあります。会場は、音楽文化会館練習室
またはりゅーとぴあ練習室です。

演奏会・発表会・進級試験

定期演奏会(年1回/7月)
進級試験(年1回/10月)
スプリングコンサート(年1回/3月:合唱団・オーケストラ教室と合同)
※上記以外に依頼公演が数回あります。演奏会への出演は公演によって異なり、全員出
演公演のほか、選抜メンバーでの出演となることもあります。

年間予定

2015年度
4月4日(土) 入団説明会(音文10練)
4月11日(土) 入団式(音文11練)
4月18日(土)
~5月30日(土)
楽器体験教室(音文11練)
6月6日(土) 教室(楽器)決定面接(音文)
6月7日(日) 気軽に音ステージ 市民への和楽器体験指導(音文11練)
7月18日(土)・19日(日) 夏期合宿(音文で練習・新潟会館宿泊)
7月26日(日) 第20回定期演奏会(音文ホール)
8月1日(土)・2日(土) 国ジュニア邦楽合奏フェスティバル(りゅーとぴあコンサートホール)
10月17日(土) 進級試験(りゅーとぴあ能楽堂)
12月19日(土) クリスマス会(りゅーとぴあ6練)
2016年3月19日(土)・20日(日) 春期集中練習(音文)
2016年3月27日(日) 第12回新潟市ジュニア音楽教室スプリングコンサート(りゅーとぴあコンサートホール)

※その他依頼公演が入る可能性があります。

団員募集

新潟市ジュニア邦楽合奏団では、随時団員募集を行っています。
詳細は、りゅーとぴあ事業企画部ジュニア邦楽合奏団担当(TEL: 025-224-7000)まで
お問い合わせください。

募集対象・条件

  • 原則として、市内在住の小学2年生から中学1年生まで(卒団は高校3年の7月)
  • 参加費(年額30,000円)をお支払いいただける方
  • 音楽が大好きで、和楽器に興味のある方
  • 指定した練習日に必ず参加でき、家庭でも練習できる方
  • 卒団(高3)まで楽器のレッスンを続ける意思がある方
  • 楽器を購入いただける方

募集楽器

箏・三味線・尺八
※入団後、楽器体験及び面接を経て、担当楽器を決定します。
 楽器決定後は、卒団まで同じ楽器を続けていただきます。

これまでの活動

2012年度までの活動

講師のご紹介

鯨岡 徹(指揮・尺八講師)

富山県出身、新潟大学卒。NHK邦楽技能者育成会卒。
中学生の頃より尺八を始める。
尺八を福田輝久氏に師事。作曲・編曲を川崎絵都夫氏に師事。
新潟県、富山県を中心にフリーの尺八演奏家としても活躍している。
新潟大学 邦楽部 尺八講師。新潟和楽の会 尺八講師。
りゅーとぴあアウトリーチ事業登録アーティスト

小奈立子(箏講師)

幼少より生田流正派大師範故三宅雅楽倫氏に師事。
正派音楽院卒。
新潟大学教育人間科学部非常勤講師
公益財団法人音楽文化創造生涯学習音楽指導員
公益財団法人生田流正派邦楽会大師範
新潟県邦楽連盟会員 新潟市三曲連盟会員 
桐韻会会員 箏曲暁会主宰 

川﨑裕子(箏講師)

1974年生田流正派大師範大越雅紫穂氏に入門。
1985年正派音楽院を卒業。在学中、中島靖子氏に師事。
現在、箏曲「梢会」を主宰し、後進の養成に努める。
公益財団法人生田流正派邦楽会大師範、桐韻会会員、梓会会員。

簑田弘大(三味線講師)

1991年、尚美学園子供音楽科に入学。
同学園内作曲コンクールにて最優秀賞受賞。
2006年、東京藝術大学(長唄三味線専攻)卒業。
08年、昭和音楽大学非常勤嘱託に着任。
日本音楽集団所属。和楽団「煌」所属。
アンサンブル室町所属。長唄東音会所属。
勢会所属。長唄協会会員。新潟和楽の会 三味線講師。
古典から現代、作曲活動また音楽教育まで幅広く活動している。

指導者からのメッセージ

鯨岡 徹(指揮・尺八講師)

教室の設立当初は、ただ和楽器に触れ、親しむことを目的としていた団員たち。しかしここ数年は次第に、「より良い演奏や合奏をした」「邦楽器の魅力を自分達が伝えたい」という気持ちが芽生え始めました。その団員たちの気持ちに応え、講師陣と事務局も力を合わせ、指導内容やカリキュラムの見直し、また合奏の土台づくりに励みました。従来の邦楽には、大合奏を目的として具体的なメソッド(練習法)がないため、通常の邦楽の指導法ではアンサンブルに必要な基礎技術を身につけることは困難です。しかし各パートの先生方の協力もあり、今では私が合奏のために要求する厳しい注文にも団員はどんどん応えるようになりました。

ジュニア邦楽合奏教室は、厳しい練習や辛い経験を乗り越えて、自分達だけが楽しい教室ではなく、観客、関係者、すべてを巻き込んだ楽しい音楽の実現に向け、ここ数年でその実力をグングン伸ばしています。毎年の定期演奏会終了後の、お客様の感想、子ども達や保護者の皆様の笑顔がそれを確信させてくれます。団員の奏でる和楽器のハーモニーは明るい未来への希望で満ち溢れています。和楽器は、日本の伝統楽器でありながら、現在ではもはや身近な存在ではなくなったといっても過言ではありません。しかしその音色や響きは、やはり懐かしさを連想させ、またそこで奏でられる楽曲はとても新鮮な印象を与えてくれます。古いけれど新しい不思議な感覚、そんな和楽器のオーケストラで一緒に演奏してみませんか?

参加者の声

丸田千有希(箏/団長)

箏と聞くとみなさんはどんなイメージを持ちますか?静か?正座?古い?ポロロン?たしかに、古くからある楽器ですし正座もします。ですが!この団はそんなイメージとは違います!! 
優しい先生方のご指導のもと、小学2年生から高校3年生までの団員が学年を問わず、仲良く楽しく練習に励んでいます。また箏は難しいという印象の強い楽器です。たしかに難しいと感じることもあります。ですが、だからこそ、弾けるようになったときはとても嬉しいです! 
優しく温かな音から元気で楽しそうな音まで、たくさんの音色のだせる魅力的なこの楽器を、魅力たっぷりの団員たちと一緒に演奏してみませんか?
 

船山寿々花(副団長/三味線)

皆さんは、三味線から何を思い浮かべますか?何だか難しそう、堅苦しそう、と考える方も多いのではないのでしょうか。しかし、この団では先生が熱心に、そしてとても親切に指導してくださるので、上手く弾けないのでは?と心配する必要はありません。誰でも上達することができますし、思い通りに弾けたときはとても嬉しく、気持ちがいいです。また、団内は明るくフレンドリーな雰囲気で溢れています。学年を越えて時に笑い合い、時に切磋琢磨できる仲間は、本当に大切な存在です。
三味線はやればやるほど好きになる楽器です。ぜひ、素晴らしい先生や楽しい団員と一緒に、三味線の良さにふれてみませんか?

戸田 信男(尺八)

尺八の音を聞いたことがありますか?尺八はとてもきれいな音から荒っぽい音まで、いろんな音を出すことができる自由度の高い楽器です。イメージとしては、ご高齢の方が吹く楽器のように思われているかもしれませんが、ここでは小学校2年生の女の子から取り組んでいます。また尺八講師の鯨岡徹先生は、一人一人集中的に見てくださり、基本的な吹き方から色々なテクニックまで解りやすく教えてもらえます。さらに尺八は持ち運びが楽で、スペースも取らないため、家での練習もしやすくて便利です。難しい楽器の印象があるかもしれませんが、ここで教わればそんなことはありません。様々な表現のできる尺八にのめり込む人も多いと聞きます。そんな魅力たっぷりな尺八を一緒に演奏してみませんか?

メンバー専用ページ

ジュニア邦楽合奏団のメンバー専用ページは下記のリンクからご覧ください。閲覧にはメンバー専用のパスワードが必要です。

ページの先頭へ