秋の能楽鑑賞会(宝生流)2019年度

秋の能楽鑑賞会(宝生流)2019年度チラシPDF
古典発売中財団主催

秋の能楽鑑賞会(宝生流)2019年度

開催日時
2019年10月26日(土)
13:30 ~ 16:10(開場 13:00)
会場
能楽堂
チケット
S : 5,000円
A : 4,500円
B : 4,000円
U25(B席) : 2,000円
※25歳以下の方対象(未就学児を除く)。ご入場時に年齢がわかるものをご提示ください。りゅーとぴあのみの取り扱い
お得な情報
U25
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
会員...2019年7月10日(水)
一般...2019年7月16日(火)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
セブンチケット
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

激流が!大蛇が!次々と襲いかかる難題に挑む張良登場!

漢の初代皇帝・劉邦の天下取りを支えた名軍師・張良の伝説を基にした能「張良」を上演します。見どころの多い大曲で、りゅーとぴあ初上演となります。シテは宝生流重鎮の渡邊荀之助、ツレは新潟出身で渡邊師の薫陶を受けた川瀬隆士が勤めます。令和元年の秋、古典の世界をご堪能ください。

 

解説 朝倉俊樹
舞囃子「雨月(うげつ)」 大友 順
仕舞「花筐(はながたみ) 狂」 小倉健太郎
仕舞「半蔀(はしとみ) キリ」 髙橋 章
狂言「昆布売(こぶうり)」 山本則俊
―休憩―
能「張良(ちょうりょう)」 渡邊荀之助

 

秋の能楽鑑賞会(宝生流)2019年度の画像
能「張良」

あらすじ

舞囃子「雨月」

住吉詣(すみよしもうで)の西行法師が一夜の宿を求めた老夫婦は、住吉明神の化身でした。夜半に神職に憑依して現れた住吉明神が、西行の歌を讃仰(さんぎょう)し、和歌の徳を讃えて舞を舞います。

 

仕舞「花筐 狂」

皇位継承のため都に上った大迹部皇子(おおあとべおうじ)への恋慕のあまり照日前(てるひのまえ)は、心乱れ放浪します。仕舞では、賜った花筐を天皇(即位した皇子)臣下に払い落とされた照日前が、かなわぬ恋の悲しみを嘆く場面を舞います。

 

仕舞「半蔀 キリ」

都の雲林院の僧の前に、『源氏物語』ゆかりの夕顔の女の霊が現れ、光源氏との恋の思い出を語り舞を舞います。仕舞では、夕顔の霊が僧に回向(えこう)を頼み、夜明けとともに半蔀の中へ消えていく場面を舞います。

 

狂言「昆布売」

供を連れずに出かけた大名が、通りがかりの若狭・小浜の昆布売に無理やり太刀を持たせます。怒った昆布売は、太刀で逆に大名を脅し昆布を売らせようとし…。

 

能「張良」

漢の高祖・劉邦(りゅうほう)の臣下・張良が、夢の中で老人から下邳(かひ)の土橋で兵法の伝授を約束されます。張良が約束の場所に赴くとその老人が待っており、彼の遅参に立腹して、五日後に再び来るように言い捨てて消え失せます。約束の五日後、まだ夜のうちに張良が待ち受けていると、老人が現れ自らを黄石公(こうせきこう)と明かします。老公は張良の志を試すため、履いていた沓(くつ)を河へ落とし拾うよう命じます。すかさず急流に飛び込んだ張良の前に、大蛇が現れ…。

秋の能楽鑑賞会(宝生流)2019年度の画像

チケット取扱い

りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
セブンチケット

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)