「能楽堂で楽しむ 秋の夜長」

「能楽堂で楽しむ 秋の夜長」チラシPDF
古典発売中財団主催

「能楽堂で楽しむ 秋の夜長」

開催日時
2020年9月4日(金)
18:45 ~(開場 18:00)
会場
能楽堂
チケット
全席指定(一般) : 3,000円
全席指定(U25) : 1,500円
※U25は25歳以下の方が対象(未就学児を除く)。ご入場時に年齢がわかるものをご提示ください。
※全席指定
※新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、着席可能な席を限定させていただく予定です。
※「りゅーとぴあカレンダー」の公演情報より発売日が変更となりました。
お得な情報
U25
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
会員...2020年7月7日(火)
一般...2020年7月9日(木)
チケット取扱い
りゅーとぴあオンライン・チケット
※新型コロナウイルス感染症リスク低減のため、りゅーとぴあでの取扱いは10/31(土)までインターネット販売限定。
※当日券のみ窓口販売を行います。

主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

竹林を背景にスペシャルバージョンで能を上演!
人気ナビゲーター・遠藤麻理さんも登場!

「能楽堂で楽しむ 秋の夜長」の画像

大好評“能楽堂で和のお楽しみ”シリーズを、<秋>をテーマに開催。季節にちなんだ能「天鼓(てんこ)」を、見どころの多い後半部分でお楽しみいただきます。今回は能舞台の鏡板を外し、ライトアップされた竹林を背景に上演します。ここでしかご覧いただけないスペシャルバージョンをお見逃しなく!

出演は、新潟出身で活躍中の大友順さんと川瀬隆士さんほか、若手能楽師です。さらに、人気アナウンサーの遠藤麻理さんが対談と朗読で出演決定!秋の夜長のひととき、楽しいトーク&伝統文化をお楽しみください。

内容

☆ロビーイベント 能面・能装束の展示

◆対談 大友順×遠藤麻理
◆仕舞「紅葉狩(もみじがり)」 大友順
◆朗読 遠藤麻理
◆半能「天鼓(てんこ) 盤渉」(宝生流)
  後シテ(天鼓の霊)/川瀬隆士
  ワキ(勅使)/野口能弘
  笛/藤田貴寛
  小鼓/田邊恭資
  大鼓/大倉慶乃助 ほか
◆アフタートーク

能「天鼓」

秋の星空の下、不思議な少年・天鼓が打つ妙なる鼓の響

大好きな鼓を差し出せという皇帝の命を拒み、呂水(ろすい)という川に沈められた少年・天鼓。天鼓の父・王伯(おうはく)がわが子を失った悲しみに打った鼓の音に心を打たれた皇帝が、呂水のほとりで音楽による供養を行うと、天鼓の霊が現れます。天鼓は弔いを喜び、満天の星空の下、鼓を打ち舞い戯れます。

「能楽堂で楽しむ 秋の夜長」の画像
能「天鼓」

出演

大友 順(おおとも じゅん)

シテ方宝生流能楽師。1971年生。新潟県佐渡市出身。18代宗家宝生英雄、19世宗家宝生英照に師事。重要無形文化財総合指定保持者。

「能楽堂で楽しむ 秋の夜長」の画像

川瀬 隆士(かわせ たかし)

シテ方宝生流能楽師。1984年生。新潟県三条市出身。19世宗家宝生英照、20代宗家宝生和英、渡邊荀之助に師事。東京藝術大学卒業。

「能楽堂で楽しむ 秋の夜長」の画像

遠藤 麻理(えんどう まり)

フリーアナウンサー。新潟市出身。長年ナビゲーターをつとめたFMPORT「モーニングゲート」をはじめ多方面で活躍。著書に『自望自棄~わたしがこうなった88の理由~』、『自業自毒~平成とわた史~』。

「能楽堂で楽しむ 秋の夜長」の画像

「能楽堂で楽しむ 秋の夜長」の画像

チケット取扱い

※新型コロナウイルス感染症リスク低減のため、りゅーとぴあでの取扱いは10/31(土)までインターネット販売限定。
※当日券のみ窓口販売を行います。

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)