「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度チラシPDF
古典発売中財団主催

能楽基礎講座「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度[第3回]

開催日時
2020年12月13日(日)
14:00 ~(開場 13:30)
会場
能楽堂
チケット
3回セット券 全席指定 : 7,200円
1回券 全席指定 : 2,700円
※3回セット券は4/10(金)より発売・りゅーとぴあのみの取り扱い
お得な情報
セット券
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
会員...2020年2月5日(水)
一般...2020年2月13日(木)
チケット取扱い
りゅーとぴあオンライン・チケット
※新型コロナウイルス感染症リスク低減のため、りゅーとぴあでの取扱いは10/31(土)までインターネット販売限定。
※当日券のみ窓口販売を行います。

セブンチケット
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

僕たちが能の楽しさをお伝えします!

若手能楽師4人組が、若手ならではの柔軟な発想によるお話と実演で、能の楽しみを紹介していく大好評の能楽講座シリーズです。
お能が初めての方でも大丈夫。ぜひ気軽にご参加ください。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

今年のテーマは“KARAMONO”!

各回一つの能を取り上げ、楽しいお話と見どころ満載の実演でその魅力をご案内。
今年のテーマは「KARAMONO(唐物)」。古より唐は、書物や芸術、美術が日本へ渡り憧れの対象となっていました。そんな憧れの地・唐を舞台にした能をご紹介していきます。
各回異なるゲストも魅力です。今年の“若手講座”もどうぞご期待ください。

 

<第3回>12/13(日) 能「猩々(しょうじょう)」

ゲスト:桜井均(太鼓方金春流)

月の美しい夜、酒売りの高風が酒を持って猩々を待っていると海中より猩々が現れ、友と遭えた喜びを語り、酒を飲んでは舞い遊びます。祝賀・慶賀の雰囲気に溢れる一曲です。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

 

出演者

佐々木 多門 SASAKI Tamon

シテ方喜多流能楽師。1972年生。喜多流能楽師・佐々木宗生の長男。塩津哲生に師事。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

大島 輝久 OSHIMA Teruhisa

シテ方喜多流能楽師。1976年生。喜多流能楽師・大島政允の長男。祖父・大島久見、父及び塩津哲生に師事。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

友枝 真也 TOMOEDA Shinya

シテ方喜多流能楽師。1969年生。喜多流能楽師・故友枝喜久夫の孫。友枝昭世及び塩津哲生に師事。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

塩津 圭介 SHIOTSU Keisuke

シテ方喜多流能楽師。1984年生。喜多流能楽師・塩津哲生の長男。父・塩津哲生に師事。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

梅内 美華子 UMENAI Mikako

歌人。1970年生。馬場あき子に師事。1991年角川短歌賞。2001年『若月祭』で現代短歌新人賞。2012年『エクウス』で芸術選奨新人賞及び葛原妙子賞。「あぢさゐの夜」で短歌研究賞受賞。現代歌人協会理事。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

ゲスト

<第3回> 桜井 均 SAKURAI Hitoshi

太鼓方金春流能楽師。1959年生。故22世金春惣右衛門、三島元太郎、故大江照夫、故金春國和に師事。重要無形文化財総合指定保持者。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

チケット取扱い

※新型コロナウイルス感染症リスク低減のため、りゅーとぴあでの取扱いは10/31(土)までインターネット販売限定。
※当日券のみ窓口販売を行います。
セブンチケット

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)