白石加代子「百物語」アンコール公演 第三弾

白石加代子「百物語」アンコール公演 第三弾チラシPDF
演劇発売中財団主催

白石加代子「百物語」アンコール公演 第三弾

開催日時
2020年12月12日(土)
15:00 ~(開場 14:30)
会場
劇場
チケット
全席指定 : 4,500円
追加席 : 3,500円
U25シート : 2,500円
※25歳以下の方(未就学児を除く)。入場時に年齢がわかるものを提示。
※座席はバルコニー席、客席両端など多少観づらいお席となります。
お得な情報
U25シート
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
会員...2020年10月7日(水)
一般...2020年10月15日(木)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
※チケットの対面販売について
https://www.ryutopia.or.jp/information/news/17951/

主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
協力
NST新潟総合テレビ
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

「九十九話を語り終えて、当初は肩の荷がおりて、
 すっきりしたのだけれど、時を経て次第に、
 まるで愛を失ったかのような想いに襲われたの」(本人談)

そしてアンコール公演が始まった。
今回は三回目、伝説の第一夜と「おさる日記」。
あんなにも愛された「百物語」はここから始まった。

構成・演出:鴨下信一
出演:白石加代子

演目

夢枕獏 「ちょうちんが割れた話」
筒井康隆「如菩薩団」
半村良 「箪笥」
和田誠 「おさる日記」

 

白石加代子より

「とにかく、私、女が好きなのよ。馬鹿な女、かわいい女、色っぽい女、とにかく女なら何でもいい。
 女は全部許しちゃうという感じ。そういう意味で、『如菩薩団』が好きなの」

「『箪笥』は、一番ゆるぎのない作品。何が好きだったかというと、能登弁。方言で体が喜ぶたちなの。
 方言が入っていたりするとなぜかよくわからないけれど、幸せな気持ちになるの」

夢枕 獏より

「笑わせておいて、ほろりというのはあるけれど、怖がらせておいて笑わせるというのは、目にうろこが飛び込んだ思いでした」 

筒井康隆より

「わたしは頭の中で白石さんが舞台でやってらっしゃるのは、文字として、文章として一行一行頭の中に浮かぶのですけれど、一行ごとにお客さんが笑うという、このような朗読劇はもう、前代未聞といっていいと思います」

チケット取扱い

りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
※チケットの対面販売について
https://www.ryutopia.or.jp/information/news/17951/

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)