謎の変奏曲

謎の変奏曲チラシPDF
演劇終了財団主催

謎の変奏曲

開催日時
2017年10月3日(火)
19:00 ~ 21:30
会場
劇場
チケット
S席 : 7,500円
A席 : 6,000円
U25シート : 2,500円
※25歳以下の方対象(未就学児はご入場いただけません。)
※取扱いはりゅーとぴあのみ
※座席はバルコニー席、客席両端など多少観づらいお席となります。
※ご入場時に年齢のわかるものをご提示いただきます。
お得な情報
U25シート
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日

会員...2017年6月24日(土)
一般...2017年6月28日(水)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
ローソンチケット
TEL.0570-000-407(オペレーター予約/10:00~20:00)
ローソン・ミニストップ店内 Loppi(Lコード32683)

主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
UX新潟テレビ21
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

フランスの劇作家シュミットの最高傑作!今、二人の男たちの心理ゲームが始まる!

この作品は『エニグマ変奏曲』(原題:「VARIATIONS ENIGMATIQUES」)として1996年フランス・パリにて初演されました。
フランス演劇界注目の作家エリック=エマニュエル・シュミット作、アラン・ドロン主演での上演は大好評を博し、以来世界各国で上演されています。シュミットは、イギリスの国民的作曲家サー・エドワード・エルガー作曲「エニグマ変奏曲」の未だ解明されていない二つの主題の“謎”を巧みにモチーフとして使い、二人の男たちによる見事な会話劇を完成させました。

二人の軽妙なやりとりと緊張感のある会話は時におかしく、時に切なく、スリリングな展開によって二人の立場は変化し、一人の女性を中心とした男たちの心理ゲームが展開されます。そして物語は衝撃的なクライマックスを迎えます!
この度の舞台化にあたり、気鋭演出家・森新太郎と日本を代表する名優・橋爪功、若き実力派俳優・井上芳雄という夢のトライアングルが実現いたしました。どうぞご期待下さい!

物語

ノルウェー沖の孤島で、一人暮らしをしているノーベル賞作家アベル・ズノルコの許へ、地方新聞の記者と名乗るエリック・ラルセンという男がやってくる。ズノルコの最新作、恋愛小説「未完の愛」についての取材のためだ。
ラルセンは、屈折したズノルコに手を焼きながらもインタビューにとりかかる。
ある男と女の往復書簡に実在のモデルは存在するのか? なぜ突然ぷっつりと、この手紙のやりとりは終わってしまったのか? 記者嫌いのズノルコが特別にラルセンの取材に応じた理由とは? ズノルコにとっての愛とは?
すべてが謎であった。
まさに白夜が終わり、夜の季節に移り変わろうとするその日の午後、こうしたラルセンの意味ありげな質問は続き、やがて二人をめぐる衝撃的な真実が次第に明かされていくのであった。

作:エリック=エマニュエル・シュミット
演出:森新太郎
翻訳:岩切正一郎
出演:橋爪功、井上芳雄

美術:伊藤雅子
照明:佐藤 啓
音響:藤田赤目
衣裳:ゴウダアツコ
ヘアメイク:宮内宏明
演出助手:城田美樹
舞台監督:村田旬作

宣伝美術:東 學
宣伝写真:渞 忠之
宣伝衣裳:ゴウダアツコ
宣伝ヘアメイク:Heart Magic Tomomi

製作:テレビ朝日
企画・制作:インプレッション
版権コーディネイト:シアターライツ

謎の変奏曲の画像

このイベントを見る人は、こんなイベントも見ています

チケット取扱い

りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
ローソンチケット
TEL.0570-000-407(オペレーター予約/10:00~20:00)
ローソン・ミニストップ店内 Loppi(Lコード32683)

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)