ファン・デ・ラ・ルビア オルガンリサイタル

ファン・デ・ラ・ルビア オルガンリサイタルチラシPDF
音楽終了財団主催

ファン・デ・ラ・ルビア オルガンリサイタル

開催日時
2019年6月1日(土)
14:00 ~ 16:00(開場 13:30)
会場
コンサートホール
チケット
全席自由 : 3,000円
お得な情報
-
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
会員...2019年3月14日(木)
一般...2019年3月19日(火)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟伊勢丹
セブンチケット
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
UX新潟テレビ21
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

世界遺産サグラダ・ファミリアのオルガニスト、
新潟単独、初来日!

出演

ファン・デ・ラ・ルビア(オルガン)

演奏曲

A.De カベソン/「騎士の歌」によるディフェレンシャス
J.ヒメネス/第六旋法によるバッターリャ
J.S.バッハ/パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
J.S.バッハ/我が魂は主をあがめ BWV648
F.メンデルスゾーン/オルガン・ソナタ 第4番 変ロ長調
J.de la ルビア/即興演奏 ほか

生粋のスペイン人オルガニスト、ファン・デ・ラ・ルビア。
彼との出会いは、オルガン技術者がくれた1枚のCDだった。

1882年から現在まで建設作業が続くサグラダ・ファミリア。その礼拝堂でオルガニストを務めているのが、今回初来日となるスペイン人オルガニスト、ファン・デ・ラ・ルビアである。
日本ではまだ知られていないこのオルガニストの存在を知ったのは、2018年1月のこと。オルガンのオーバーホールのためにスペインのグレンツィング社から来日したビルダー(オルガン技術者)が1枚のCDを差し出した。それがルビアのソロCDだった。
「まだ若いけど、この人の演奏はいいよ」と彼らは言う。楽器修繕やメンテナンスに関わる仕事柄、ビルダーは数多くのオルガニストの演奏を耳にしている。その彼らが薦めるアーティスト。CDを聴いてすぐ、本人の演奏動画を探した。そのすべてが期待を裏切らない演奏だった。
記念すべき初来日リサイタルは、スペイン生まれのグレンツィング・オルガンにふさわしくスペイン人作曲家のオルガン作品と、ルビアが得意とするJ.S.バッハの名曲や即興演奏がプログラムに並ぶ。2時間でオルガンの魅力を余すことなく伝えてくれるリサイタルになることは、間違いない。

ファン・デ・ラ・ルビア Juan de la Rubia

ファン・デ・ラ・ルビア オルガンリサイタルの画像
©Igor Studio

1982年バレンシア生まれ。バルセロナ、ベルリン、トゥールーズでオルガン、ピアノ、チェンバロを学ぶ。ヴォルフガング・セイフェン、ミシェル・ブヴァールに師事、またオリヴィエ・ラトリー、トン・コープマンのマスタークラスを受講。2002年スペイン「若い音楽家コンクール」優勝を皮切りに演奏活動をスタート。各地のコンクールにて数多くの賞を受賞し、グラナダのReal Academia de Bellas Artesから最優秀賞を受賞。ソロ演奏以外にも、スペイン国内のオーケストラ、室内オーケストラ、アンサンブルとの共演も数多く、それらの演奏は、ラジオ・クラシカ、フランス・ミュジック、RNE、カタルーニャ・ムシカ、RTVスロベニアによって放送されている。ロマン派時代のスペインとフランスの作曲家によるオルガン音楽の5枚のディスクと、現代の作曲家による作品のCDをリリースしている。現在、バルセロナ高等音楽院教授として後進の指導にあたるほか、サグラダ・ファミリア教会のオルガニストを務めている。

オルガン・プレ講座のすすめ

~リサイタルの聴きどころも紹介します♪~
オルガンはどうして鍵盤が何段もあるの?たくさんの音色を持つのは何故?そんなオルガンQ&Aを、専属オルガニスト・山本真希が写真や図による解説を交えながらお話します。「ファン・デ・ラ・ルビア オルガンリサイタル」の聴きどころや楽しみ方を知りたい人は、ぜひお越しください。

  • 2019年5月19日(日)14:00~15:15
  • 会場:りゅーとぴあ練習室4
  • 入場料:1,000円
  • 定員:30名
  • お問い合わせ
    りゅーとぴあ事業企画部
    025-224-7000(平日10:00~18:00/休館日除く)

全席自由席のこだわり

りゅーとぴあのオルガン公演は全席自由席。1階は天上から降り注ぐような柔らかな音に包まれ、2階はオーケストラにも似た迫力ある音響が得られます。3階席はパイプと同じ高さにあるため、非常にクリアで立体的なサウンドを堪能出来るのが魅力です。あなただけのお気に入り席で聴くか。さらによい席を求めてトライするか。各人各様、ご自由にオルガンの響きをお楽しみください。
※一部お入りいただけない席もございます。

スタッフのひとりごと

チケット取扱い

りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟伊勢丹
セブンチケット

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)