茂木大輔のオーケストラ・コンサートNo.14

茂木大輔のオーケストラ・コンサートNo.14チラシPDF
音楽5/21 先行発売財団主催

茂木大輔のオーケストラ・コンサートNo.14スメタナ/連作交響詩「我が祖国」(投影付き全曲演奏)

開催日時
2019年9月1日(日)
14:00 ~(開場 13:30)
会場
コンサートホール
チケット
S席 : 5,000円
Sペア席 : 8,000円
A席 : 4,000円
25歳以下 : 2,000円
※東響定期会員特別価格3,000円(6/23までりゅーとぴあ電話・窓口のみで販売)
お得な情報
-
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
N-PAC mate...2019年5月21日(火)
一般...2019年5月23日(木)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
セブンチケット
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
UX新潟テレビ21
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

演奏に合わせてリアルタイムに投影される
豊富な解説画像で鑑賞する楽しさが倍増!

「モルダウ」以外は、なかなか聴く機会がないけれど、いつかは全曲を聴いてみたい。作曲の背景や聴きどころも知りたい。そんなあなたにぴったりなコンサート。超一流メンバーによるオーケストラ演奏も聴き逃せません。

 

第1部:実演付き徹底解説
第2部:連作交響詩「わが祖国」全曲演奏
  第1曲 高い城(ヴィシェフラト)
  第2曲 モルダウ(ヴルタヴァ)
  第3曲 シャールカ
  第4曲 ボヘミアの森と草原から
  第5曲 ターボル
  第6曲 ブラニーク

 

指揮・お話:茂木大輔
オーケストラ:もぎオケ交響団
  コンサートマスター/永峰高志(元N響首席)
  ヴァイオリン/大林修子(N響首席)
  ヴィオラ/小野聡(N響)
  チェロ/藤村俊介(N響次席)
  コントラバス/市川雅典(N響首席代行)
  フルート/梶川真歩(N響)
  オーボエ/𠮷村結実(N響)
  クラリネット/磯部周平(元N響首席)
  ファゴット/河村幹子(新日フィル首席)
  ホルン/高橋臣宜(東京フィル首席)
  トランペット/浦井宏文
  トロンボーン/新田幹男(N響首席)
  ティンパニ/久保昌一(N響首席) 他

連作交響詩「我が祖国」に寄せて

チェコの作曲家、ベドルジハ・スメタナ(1824−1884)が晩年に完成した「我が祖国」と呼ばれる「連作交響詩」は、6曲の交響詩を連続して演奏するという、音楽史でも類を見ない構成となっています。歴史の中で虐げられていた祖国チェコへの愛国心に満ち溢れ、その美しい自然、独立と勝利を音楽の中で描いた名曲となっています。特に有名なのはその第2曲である「モルダウ(ヴルタヴァ)」ですが、山奥の水源から小さく流れ出た河が次第に力強く、人々の狩や結婚式を横目に流れてゆき、最後は大きな流れとなって消えてゆく描写に深い感動を覚えた方も多いでしょう。この「モルダウ」は解りやすく有名で親しみがありますが、それ以外の5曲については内容をご存じない方も多いでしょう。正直、全曲演奏では「モルダウ」が終わってしまうと退屈に感じていることも多いのではないでしょうか。
「交響詩」はそもそも、何かの具体的な物語や出来事などを描写している音楽ですので、内容が理解できていないと聴くのも魅力が半減してしまいますね。今回のりゅーとぴあではその解説を事前にもご説明し、また演奏と同時投影しながら聞いていただこうと思います。スメタナの音楽はどこまでも愛国心に溢れ、飾り気のない素朴な、しかし熱い情熱と緻密な構成を持つもので、解説とともに最後まで聞いていただくならば、おそらく他の音楽からは得たことのない、深い感動を味わっていただけると確信しています。N響メンバーを始め、信頼する音楽家たちに集まってもらうオーケストラの演奏にもどうぞご期待ください。会場でお待ちしています。
もぎぎ(茂木大輔)

茂木大輔(もぎだいすけ)

茂木大輔のオーケストラ・コンサートNo.14の画像

ミュンヘン国立音楽大学大学院修了(オーボエ専攻)、シュトゥットガルト・ フィルハーモニー管弦楽団第1オーボエ奏者を経て、1990年よりNHK交響楽団にて首席オーボエ奏者。2018年にはその功績により「有馬賞」を受賞し2019年3月をもってN響を退団。以降、指揮活動を本格的に開始した。
指揮活動には1996年から取り組んでおり、オーケストラの楽器やバッハの教会音楽、ベートーヴェンの交響曲などの解説コンサートで全国的に活躍。二ノ宮知子「のだめカンタービレ」に取材協力、ドラマ、アニメ、映画ではクラシック音楽監修を担当した。自ら企画・指揮する「生で聴く“のだめカンタービレ”の音楽会」を全国展開、100公演で13万人の観客動員を記録している。現在までに仙台フィル、山形交響楽団、アンサンブル金沢、東京フィル、名古屋フィルなど多数の団体を指揮した。
2009年より東京音楽大学および大学院にて指揮実技などを学び2013年に優秀な成績をもって卒業。指揮を故岩城宏之、外山雄三、広上淳一、田代俊文、三河正典の各氏に師事。執筆でも知られ最新刊「決定版 オーケストラ楽器別人間学」(中公文庫)など、多数の著書がある。

もぎオケ交響団

茂木大輔のオーケストラ・コンサートNo.14の画像

茂木大輔の呼びかけにより、東京をはじめ、首都圏の主要オーケストラの首席奏者を中心に、りゅーとぴあでの「茂木大輔のオーケストラ・コンサート」のために結成されたオーケストラ。もぎ氏曰く「交響楽団ですが“ラク(楽)”じゃないので…」この名称に。毎回豪華な顔ぶれで、一期一会の名演をお聴かせします。

茂木大輔のオーケストラ・コンサートNo.14の画像

チケット取扱い

りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
セブンチケット

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)