芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回チラシPDF
演劇終了財団主催

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回

開催日時
2013年3月9日(土)

2013年3月10日(日)

2013年3月13日(水)

2013年3月14日(木)

2013年3月15日(金)

2013年3月16日(土)

2013年3月17日(日)

2013年3月19日(火)

2013年3月20日(水)
会場
劇場、スタジオB,能楽堂 他
チケット
お得な情報
-
サービス情報
-
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
助成
平成24年度 文化庁 優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業
お問い合わせ
-

i-MEDIA 国際メディア専門学校 俳優タレント科「さよならノーチラス号」

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

あらすじ

新人の作家星野タケシは引越しの日、ダンボールの中にあった潜水艦の模型を見つけ15年前の出来事を語りだす。ある事情で家族とはなれて暮らすタケシが夏休みの間だけ家族と一緒に暮らした日々のこと、そこで出会った老犬サブリナの事を…。

公演日

劇場 3/9(土) 19:00~、3/10(日) 15:00~

時間

各回 約120分

出演

作:成井豊
演出:ナシモトタオ
出演:俳優タレント科5期生、佐々木至、徳橋滉平、篠田愛

i-MEDIA 国際メディア専門学校俳優タレント科

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

俳優・タレント・声優・映画・テレビなどエンタメ業界を目指す、専門学校です。
俳優・タレント分野では、在学中からテレビドラマや劇場用映画への出演のチャンスあり!その結果が、開校以来、途切れることなく、芸能プロダクションへの所属を決定するという実績につながっています。
ご興味ある方は、ぜひ国際映画メディア専門学校のホームページをチェックしよう!

劇団カタコンベ「嘘は鏡に映っても嘘」

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

あらすじ

長い間行方がわからなかった父親と再会した娘が、自分の中でいつも曖昧に揺れている記憶と向かい合っていく。再生不可能な家族が再生を目指さずにそれでも手の中に何かが残るはずだと数歩あるく。

公演日

3/9(土) 19:00~、3/10(日) 13:00~、18:00~

時間

各回 約80分

出演

作・演出:戸中井三太
出演:牧田夏姫、熊倉静 ほか
舞台監督:イカラシコージ
制作:小山由美子、今井美沙子、田中芳美、明田川佐智

劇団カタコンベ

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

結成から28年。何も守らずに転がり続ける、いつも途中の劇団です。極めません。劇団員の年齢層の広さを活用してリアルな心理空間を作ります。通常は持ち小屋であるシアターent.にこもって公演を行っていますが、久しぶりの外出。太陽の光に刺激されてまた新しいカタコンベになろうとしています。

HARVEST「椿姫」

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

あらすじ

悲劇のヒロインとしてあまりにも有名な椿姫を、そのウエットさから抜け出させ、現代のハンサム・ガールとして蘇らせる。命が燃え尽きるのが早いか、それとも恋が終わるのが早いのか。マルグリットこと椿姫は、孤独であることを恐れずに、幕切れを目指して全力で疾走する。

公演日

3/9(土) 16:00~、3/10(日) 15:00~、19:00~

時間

各回85分

出演

原作:デュマ・フィス
脚本:笹部博司
演出:横山道子
出演:青柳萌々、荒井祐紀、磯野知世、岡優里、角張真悠、
黒井夕里亜、杉山果穂、住田彩、町屋美咲 ほか
音楽:横山道子、倉田真希
演出助手:塚野星美、横山愛
制作:塚野夢美
プロデューサー:髙橋奈都子

HARVEST

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

「HARVEST(ハーベスト)」は、りゅーとぴあで活動する演劇スタジオキッズコース「APRICOT(アプリコット)」の卒業生で構成された団体です。りゅーとぴあを通して演劇と出会い、演劇を通してその人間性や社会性を育てられた私たちが、そこに留まらず、新たな作品創りやワークショップなどを開かれた地域に向けて発信していくことに、大きな意義があると考えています。たわわに実ったジューシーなアプリコットの実が、いよいよ『収穫』の時を迎え、多くの場所へ多くの方の元へ届けられていく、今がその時だと信じています。

劇団第二黎明期「May be blue」

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

あらすじ

最新モデルの人型お手伝いロボを手に入れた武骨な独身エンジニアはそのロボットに『アイ』と名前を付けた。一人と一機はギクシャクしながらもなんとか平穏な暮らしを送るようになるのだが、やがて少しずつ『アイ』の機能に不具合が生じ始める、そして…。

公演日

3/13(水) 20:00~、3/14(木) 14:00~、20:00~

時間

各回 約70分

出演

作・演出:シダジュン
出演:佐藤正志、山崎真波
照明:いとうゆういち(劇団五十嵐劇場)

劇団第二黎明期

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

こんにちは、劇団第二黎明期です。昨年は人形師の若い夫婦が巻き起こすミステリー「銀河生活」で参加させて頂きました。今回も老若男女から人気の高い名作で皆さんの涙腺を鷲掴む予定です。軽妙洒脱な物語とテンポの良い会話劇にどうぞご期待下さい。

悪い芝居「キャッチャーインザ闇」

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

あらすじ

犬伏ツムギは、ついに100M走女子世界記録を樹立するも、男子の日本記録にも及ばないことに膝をつく!彼女が膝をついたのと同時刻、大縫ミドリは、燃えさかる家から下着姿で命からがら逃げ出した!その時のミドリの逃げ足が、100M走男子世界記録を更新していたことを誰も知らない!悪い芝居が初の新潟公演でお送りするのは、闇の中で追いかけあう二人の女の物語。

公演日

3/15(金) 19:00~

時間

約120分

出演

作・演出:山崎彬
出演:大川原瑞穂、池川貴清、植田順平、呉城久美、宮下絵馬、
森井めぐみ、北岸淳生、山崎彬(以上、悪い芝居)
田川徳子(劇団赤鬼)、大塚宣幸(大阪バンガー帝国)、福原冠

悪い芝居

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

京都を拠点にしながら、東京・大阪などでも活動する劇団。ぼんやりとした鬱憤から始まる発想を刺激的に勢いでよく噴出し、劇世界と現実世界の距離を自在に操作する作風が特徴。「現在でしか、自分たちでしか、この場所でしか表現できないこと」を芯にすえ、中毒性の高い作品を発表し続けている。2011年上演の『駄々の魂です』が第56回岸田國士戯曲賞最終候補作品にノミネート。誤解されやすい団体名の由来は、『悪いけど、芝居させてください。の略』と、とても謙遜している。

劇団@nDANTE「お勝手の姫」

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

あらすじ

古びたレストランに久しぶりにお客がやってきた。2組の男女は大学の教授に奔放な女に気弱な男に…お姫様!?
そこへ叔母さんや板前までやってきてレストランは大混乱。サクッとした口当たりの笑いと、ほろっとビターなセンチメンタル。大人の童話をご賞味あれ。

公演日

3/16(土) 19:00~、3/17(日)14:00~、18:00〜

時間

各回 約100分

出演

作:小川未玲
演出:石川直幸
出演:加藤慎也、山田綾子、石川直幸、東海林美奈子、
常木哲哉(東区市民劇団 座・未来)、さくらもみぢ(星乃座)、
熊谷千尋(BLUES)

劇団@nDANTE

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

なんだって?あんだんて?はい、こんにちは。劇団@nDANTE(アンダンテ)です。私たちは「今、やりたいことをやる」「真摯な芝居作り」を柱とし、精力的に公演を行っています。この挑む心と感謝の心を大切にした活動はまっすぐな劇団として評価いただいております。あるくような速さで黙々と活動の幅を広げており、7歩目!の公演となる今作品でもぜひ多くの人と心のつながりを持ちたいと考えています。皆様のご来場を団員一同お待ちしています!

オイスターズ「ドレミの歌」

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

あらすじ

僕はこの高校が女子校で、今年から男女共学になるって聞いたからこの学校にしたんです。でも入学してみたら女子一人も居ません。おかしいなあと思ったけど誰も肝心な事は言わない、あるはずのものがないという事に気付かない振りをすることが暗黙のルールになっていた。

公演日

3/19(火) 19:00~、3/20(水・祝)16:00~

時間

各回 約105分

出演

作・演出:平塚直隆
出演:オイスターズ

オイスターズ

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

2005年結成。最近では「過剰なまでに会話劇」を劇団のテーマとし、動かない役者が棒立ち棒読みで喋っていてただの下手クソ集団なんじゃないかと思われている。
それでも地元の各種フェスティバルや「高校生のための演劇教室」に招かれるなど、名古屋を拠点に年2〜3回の公演を行っている。さらに、名古屋・東京での2都市公演を行うなど活動の幅を拡げ、2012年にはついに日本を飛び出し韓国公演までするなんて幅を拡げ過ぎにも程がある。

柿喰う客「発情ジュリアス・シーザー」

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

あらすじ

劇団「柿喰う客」が手がける女優のみでシェイクスピア作品を上演する「女体シェイクスピア」シリーズの最新作。第3弾となる今作は「ブルータス、お前もか」の名台詞が有名なローマ史劇『ジュリアス・シーザー』に挑みます。敵や味方への“情”に駆られる人情活劇、題しまして『発情ジュリアス・シーザー』!どうぞお楽しみに!

公演日

3/20(水・祝) 14:00~、19:00〜

時間

各回 約90分

出演

原作:W・シェイクスピア
脚色・演出:中屋敷法仁
出演:七味まゆ味、深谷由梨香、葉丸あすか ほか

柿喰う客

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

中屋敷法仁の演出作品を上演する演劇集団。演劇の虚構性を重視し、虚構性の高い発話法/演技法によって人間存在や社会の荒廃を皮肉たっぷりに描き、観客から冷笑を誘うような舞台を生み出すことを得意とする。
オリジナル作品に加え、キャラメルボックスとのコラボレーション作品の演出や、日韓国際共同制作、こどもと観る演劇プロジェクト、シェイクスピアの改作シリーズ“女体シェイクスピア”の創作など、その活動の幅は広がり続けている。
第1回新潟演劇祭ではゲスト劇団として、「流血サーカス」を新潟に滞在して創作上演。

新潟県立新潟南高等学校演劇部「ヤマタノオロチ外伝」

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

あらすじ

むかしむかしのその昔、人がまだ紙を作らず、神様を創っていた時代。この国のどこかのスサの国。
アシナ王の新たなお触れ「この国を豊かにしたものを次の王とする」。働き者のオト、嘘つきヤマタ、そいてオロ。3人の、そしてスサの国の運命が動き出す。

公演日

3/17(日) 11:00~

時間

約60分

新潟県立高田城北高等学校演劇部「五時から三十円引き」

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

あらすじ

嫁と小姑の話し合い。その話題は、認知症のおばあちゃん。複雑な人間関係の中で、それぞれが問題について真剣に向き合った結果、生まれてくるモノとは…。
どこの家庭にも起こりうる、けれども心温まる話。

公演日

3/17(日) 13:00~

時間

約60分

福島県立いわき総合高等学校演劇部「北校舎、はっぴーせっと」

芸術のミナト☆新潟演劇祭 第3回の画像

あの震災があって、地球が太陽の周りを一周と四分の一回って、アタシは、アタシたちは…。

公演日

3/17(日) 14:30~

時間

約60分

お問い合わせ

-