「能楽師に聞く 能の楽しみ」~「海人」編~

「能楽師に聞く 能の楽しみ」~「海人」編~チラシPDF
古典10/27 先行発売財団主催

能楽講座第3回「能楽師に聞く 能の楽しみ」~「海人」編~

開催日時
2022年1月29日(土)
14:00 ~(開場 13:30)

※この公演は国および新潟県、新潟市のガイドラインに基づき、客席制限は行わずに開催いたします。
会場
能楽堂

チケット料金・お申し込み

チケット
S席(正面席) : 3,000円
A席(脇・中正面席) : 2,000円
U25 : 各席種500円引き
※公演時25歳以下の方対象(未就学児を除く)
※入場時に年齢がわかるものをご提示ください。
お得な情報
U25
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
会員...2021年10月27日(水)
一般...2021年10月29日(金)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(オンライン・電話・窓口)
りゅーとぴあオンライン・チケット
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
◇オンライン&電話/発売初日11:00~
◇窓口/発売初日(会員先行・一般販売ともに)取扱いなし。残席がある場合には翌営業日11:00より取扱い開始

主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

イベント内容について

プロの能楽師がお能の見どころをご紹介!

能楽師4人組が、分かりやすく丁寧な解説と実演でお能の楽しさを皆様にお伝えします。一つの能をテーマに、お能初心者の方でも楽しめる鑑賞方法やお能の見どころをご紹介。「お能の鑑賞が初めて」という方にも十分にお楽しみいただける内容です。能楽堂で「日本の和の心」を感じてみませんか。

「能楽師に聞く 能の楽しみ」~桜川編~の画像

命をかけた母の愛! 能「海人」をテーマに能の魅力をご紹介します。

テーマ

能「海人」

ゲスト

北澤秀太(面打師)

出演

佐々木多門、大島輝久、友枝真也、塩津圭介(シテ方喜多流)、梅内美華子(歌人)

【海人 あらすじ】

藤原房前(ふさざき)の大臣(藤原淡海公・不比等の子)は、亡き母を供養するため讃岐国(さぬきのくに)の志度(しど)の浦を訪れます。従者が志度の浦で出会った一人の海人(あま)に海松布(みるめ・海藻)を刈るように命じると、海人はかつてこの浦で起こった出来事を語り始めます。『その昔、唐土から贈られた宝物が龍神に奪われてしまい、その宝を取り戻すために身分を隠してこの浦に来た淡海公が、契りを交わした海人に宝を取り返すようを命じた。“宝を取り返した暁には淡海公との間に生まれた子を世継ぎにする”と約束された海人は決意のうえ海に潜り龍神から宝物を奪取し、自らの乳の下を掻き切って宝を押し込め帰還したのだ』と。そう語る海人こそがその亡霊でした。海人は、『自分がその海人で大臣の母である』という言葉を残して海の中に消えていきます。大臣が供養のために弔いの読経を上げると、龍女と化した母の霊が現れ歓びの舞を舞い成仏を遂げるのでした。母である海人が我が子の将来のために自らの命をかける様がドラマチックに描かれ、子を思う母の愛情が色濃く感じられる曲です。

「能楽師に聞く 能の楽しみ」~「海人」編~の画像
能「海人」

出演者 & ゲスト出演者

佐々木 多門 SASAKI Tamon

シテ方喜多流能楽師。1972年生。喜多流能楽師・佐々木宗生の長男。塩津哲生に師事。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

大島 輝久 OSHIMA Teruhisa

シテ方喜多流能楽師。1976年生。喜多流能楽師・大島政允の長男。祖父・大島久見、父及び塩津哲生に師事。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

友枝 真也 TOMOEDA Shinya

シテ方喜多流能楽師。1969年生。喜多流能楽師・故友枝喜久夫の孫。友枝昭世及び塩津哲生に師事。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

塩津 圭介 SHIOTSU Keisuke

シテ方喜多流能楽師。1984年生。喜多流能楽師・塩津哲生の長男。父・塩津哲生に師事。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

梅内 美華子 UMENAI Mikako

歌人。1970年生。馬場あき子に師事。1991年角川短歌賞。2001年『若月祭』で現代短歌新人賞。2012年『エクウス』で芸術選奨新人賞及び葛原妙子賞。「あぢさゐの夜」で短歌研究賞受賞。現代歌人協会理事。

「若手能楽師に聞く 能の楽しみ」2020年度の画像

ゲスト

北澤秀太 Kitazawa Hideta

面打師・神仏木彫師。1968年生。木彫刻を父 北澤一京、面打を伊藤通彦に師事。

チケット取扱い

りゅーとぴあ(オンライン・電話・窓口)
りゅーとぴあオンライン・チケット
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
◇オンライン&電話/発売初日11:00~
◇窓口/発売初日(会員先行・一般販売ともに)取扱いなし。残席がある場合には翌営業日11:00より取扱い開始

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)