「ヴィジョン弦楽四重奏団」

「ヴィジョン弦楽四重奏団」チラシPDF
音楽発売中財団主催

りゅーとぴあ室内楽シリーズNo.45「ヴィジョン弦楽四重奏団」

開催日時
2022年10月17日(月)
19:00 ~ 21:00(開場 18:30)
会場
コンサートホール

チケット料金・お申し込み

チケット
S席 : 3,500円
A席 : 2,500円
B席 : 1,500円
お得な情報
-
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
会員...2022年7月23日(土)
一般...2022年7月28日(木)
会員制度
会員制度について
チケット取扱い
りゅーとぴあ(オンライン・電話・窓口)
りゅーとぴあオンライン・チケット
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

イベント内容について

軽妙過激な演奏スタイル 弦楽四重奏のスーパースター!
ジュネーヴ国際音楽コンクール第一位。
新風を巻き起こす凄腕カルテット来日!

出演

ヴィジョン弦楽四重奏団
フロリアン・ヴィライトナー(violin)         Florian Willeitner, violin
ダニエル・シュトル(violin)                       Daniel Stoll, violin
ザンダー・シュトゥアート(viola)             Sander Stuart, viola
レオナルド・ディッセルホルスト(cello)   Leonard Disselhorst, cello

program

S. バーバー/弦楽のためのアダージョ Op. 11
M. ラヴェル/弦楽四重奏曲 ヘ長調
A. ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲 第13番 ト長調 Op. 106

「ヴィジョン弦楽四重奏団」の画像
(C)Harald Hoffmann

ヴィジョン弦楽四重奏団のここがスゴイ!!!3つのポイント。

①すべての演奏曲を暗譜
ヴィジョン弦楽四重奏団は演奏曲を暗譜で演奏する驚異のスタイルを持っています。プログラム全曲を暗譜で演奏することは、弦楽四重奏団であってもそう簡単なことではありません。楽譜を追わず、互いを聴き合うことで一体化するアンサンブルには息を呑みます。譜面台のスペースからも解放され、まるで音楽に取り憑かれたかのように演奏する弦楽四重奏の真骨頂をご堪能あれ!

②華々しいコンクール受賞歴
世界最難関といわれるジュネーヴ国際音楽コンクール第一位受賞に加え、ヨーロッパで数々の賞を総なめにしてきました。また、ヨーロッパだけでなく、北米やアジアでツアーを決行するなど、世界を股に掛けて活躍中の今最もアツいカルテットです。

③伝統への反逆者
通常の弦楽四重奏では4人全員が座奏ですが、なんと彼らはチェロを除く全員が立奏という独自の演奏スタイルを確立し、多くのクラシックファンに刺激を与えてきました。また、古典的な弦楽四重奏曲のレパートリーに加え、ジャズ・ポップス・ロックなどを取り込み、自らを「バンド」と称すなど、クラシックの新時代を切り開くヴィジョン弦楽四重奏団。変幻自在に演奏を展開できるのは、確かな技術に裏打ちされてこそ成せる業です。情熱がほとばしる音楽をぜひご体感ください!

ヴィジョン弦楽四重奏団 プロフィール

「ヴィジョン弦楽四重奏団」の画像
(C)Harald Hoffmann

2012年結成のヴィジョン弦楽四重奏団は、数ある同世代の弦楽四重奏団の中でもとりわけユニークな存在として注目を浴びている。レパートリーは、クラシック作品に加え、オリジナル楽曲やフォーク、ロック、ファンク、ミニマル・ミュージックに至るまで多岐にわたる。

近年のハイライトは、北米ツアーと日本ツアーである。2021/2022シーズンは、ドイツ、イタリア、オーストリア、スイス、デンマーク、ブルガリア、ノルウェイで演奏、その中には、ベルリンにおけるトルストン・エンケによる弦楽四重奏とオーケストラの協奏曲“technologia”の世界初演が含まれる。2022/2023シーズンは、ボン・ベートーヴェン音楽祭とボーデン湖音楽祭におけるアーティスト・イン・レジデンスを担当。日本、韓国、メキシコ、南米へのツアーを予定。

ワーナークラシックスの専属アーティストとして、2021年全作品自作・プロデュースの最新アルバム「スペクトラム」を発表。2020年のデビュー・アルバム「メメント」は、オーパス・クラシック賞室内楽部門の最優秀賞を受賞している。

2016年にメンデルスゾーン全ドイツ音楽大学コンクール、ジュネーヴ国際音楽コンクール第1位に加え、聴衆賞も受賞。2016年ヴュルト賞、2018年ユルゲン・ポント財団より室内楽賞、2021年オスカー&ヴェラ・リッター財団よりリッター賞を授与。アルテミス・カルテット、ギュンター・ピヒラーに師事。ドイツ音楽協議会より演奏活動の支援を受けている。

チケット取扱い

りゅーとぴあ(オンライン・電話・窓口)
りゅーとぴあオンライン・チケット
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)