ピーター・フィリップス指揮「タリス・スコラーズ」

ピーター・フィリップス指揮「タリス・スコラーズ」チラシPDF
音楽発売中財団主催

りゅーとぴあ歌の花束シリーズVol.29ピーター・フィリップス指揮「タリス・スコラーズ」~文化庁・子供舞台芸術鑑賞体験支援事業~

開催日時
2024年7月3日(水)
19:00 ~(開場 18:15)
会場
コンサートホール

チケット料金・お申し込み

チケット
S : 5,000円
A : 4,000円
B : 3,000円
U25 : 2,000円
※U25:公演時25歳以下の方対象(未就学児を除く)。ご入場時に年齢がわかるものをご提示ください。
お得な情報
U25
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
会員...2024年4月16日(火)
一般...2024年4月19日(金)
会員制度
会員制度について
チケット取扱い
りゅーとぴあ(オンライン・電話・窓口)
りゅーとぴあオンライン・チケット
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
◇オンライン&電話/発売初日11:00~
◇窓口/発売初日(会員先行・一般販売ともに)取扱いなし。残席がある場合には翌営業日11:00より取扱い開始
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

イベント内容について

結成50周年。奇跡の純正ハーモニー。
その美しさは、魂を浄化する。

50th BIRTHDAY PROGRAMME
合唱団結成50周年プログラム

Gibbons: O clap your hands
ギボンズ:手を打ち鳴らせ

Weelkes: Gloria in excelsis deo
ウィールクス:いと高きにある神に栄光あれ

Tomkins: O God the proud
トムキンズ:神よ、高ぶるものが逆らって立ち

Muhly: Rough Notes
N.ミューリー:ラフ・ノーツ

Parsons: O bone Jesu
パーソンズ:おお、慈悲深きイエス

INTERVAL ― 休憩 ―

Allegri: Miserere
アレグリ:神よ、われを憐れみたまえ(ミゼレーレ) 

Purcell: Miserere
パーセル:神よ、われを憐れみたまえ(9声のミゼレーレ)

Gombert: Lugebat David
ゴンベール:ダヴィデはアブサロンを憐れみぬ

Josquin: Absalon fili mi
ジョスカン・デ・プレ:アブサロン、わが息子

Pärt: Which was the son of…
A.ペルト:息子はどこへ

結成50周年。英国の至宝“キング・オヴ・クワイア”が9年ぶり待望の新潟公演!

――タリス・スコラーズの歴史はこうして始まった――

1973年11月3日、オックスフォードのある教会にて、ひとつのコンサートが開かれた。

ルネサンス時代のポリフォニーに目覚めた若干20歳の学生が、このコンサートのために、オックスフォードとケンブリッジの聖歌隊メンバーを募り、声楽アンサンブルを結成したのだ。この時、古楽アカペラが西洋クラシック音楽のレパートリーとして大脚光を浴びることを誰が予想していただろうか。

それから60回以上のレコーディングと2500回以上のコンサートを経て、その声楽アンサンブルは50周年を迎える。そして当時20歳だった学生は指揮者として、ここ新潟に再来する。ピーター・フィリップスが今なお追求する完全なポリフォニーの響き。それは聴く人にカタルシスを与え、日々の喧騒を忘れされてくれるだろう。衝撃の感動体験、ここにあり。

 

タリス・スコラーズ The Tallis Scholars

1973年に合唱指揮者で音楽学者のピーター・フィリップスによって結成された。一糸乱れぬ音程とハーモニーにより、ルネサンス音楽に必須とされる心地よいポリフォニーと均衡のとれた響きを生み出し、ルネサンス音楽、古楽において世界最高の合唱団の地位を確立している。毎年約80回の演奏会を開催。結成40周年の2013年にはロンドンのセント・ポール寺院でのコンサートを含む世界ツアーを行った。23~24年にかけては日本を含む、アメリカ、フランス、ドイツ等で結成50周年を記念してワールドツアーを予定している。独自レーベル「ギメル・レコード」からリリースされる録音は世界中で多くの賞を受賞している。主なハイライトは1987年グラモフォン誌レコード・オブ・ザ・イヤー(古楽として唯一)、2021年グラモフォン誌アーリー・ミュージック賞、BBCミュージック・マガジン年間最優秀録音賞。最新作は23年10月にリリースされた、ジョン・シェパードの「ミサ・カンターテ」をはじめとする宗教曲集である。今回の来日は19年以来、実に5年ぶりとなる。

ピーター・フィリップス(指揮) Peter Phillips

1953年イギリス、ハンプシャー州サウサンプトン生まれ。72年にオックスフォード大学に奨学生として入学し、ウルスタン、アーノルド両教授のもとでルネサンス音楽を学ぶ。ルネサンスのポリフォニーの研究と演奏の第1人者として高い評価を受け、73年にタリス・スコラーズを結成し、現在までに世界中で2,500回以上のコンサートに出演するほか、数多くの録音を手掛けている。独自レーベル「ギメル・レコード」を設立し60枚以上のレコーディングを行っているほか、作家としても33年間、イギリスの雑誌スペクテイターに定期的に音楽コラムを寄稿するなど、学者・著述家の顔を持ち、欧州各国の中世音楽や宗教音楽の研究や普及にも寄与している。合唱指揮者として、BBCシンガーズ、オランダ室内合唱団、エストニア・フィルハーモニー室内合唱団、デンマーク放送合唱団、エル・レオン・デ・オロなど世界的な合唱団に多数客演。2008年、オックスフォード大学のチャペル聖歌隊の設立に貢献し、21年オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジの名誉フェローにも選出された。05年フランス文化大臣より芸術文化勲章シュヴァリエを授与。

チケット取扱い

りゅーとぴあ(オンライン・電話・窓口)
りゅーとぴあオンライン・チケット
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
◇オンライン&電話/発売初日11:00~
◇窓口/発売初日(会員先行・一般販売ともに)取扱いなし。残席がある場合には翌営業日11:00より取扱い開始

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)