東京交響楽団 第102回新潟定期演奏会

チラシPDF
音楽終了財団主催

東京交響楽団 第102回新潟定期演奏会

開催日時
2017年9月24日(日)
17:00 ~
会場
コンサートホール
チケット
S席 : 7,000円
A席 : 5,000円
B席 : 4,000円
C席 : 3,000円
D席 : 2,000円
U25シート : 1,500円
・U25シートは25歳以下の方限定:未就学児を除く
・コンサート当日空席がある場合に限り、15:00よりインフォメーションで販売。
・取扱いはりゅーとぴあのみ。
・購入時に年齢のわかるものをご提示いただきます。
・席種及び座席番号の指定はできません。
お得な情報
U25シート
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
N-PAC mate...2017年6月17日(土)
一般...2017年6月23日(金)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟伊勢丹
セブンチケット
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

新潟定期初登場のボイマーは元ベルリン・フィルのバス・トロンボーン奏者。
金管出身者ならではの金管楽器群が活躍する選曲。


指揮=ヘルマン・ボイマー


トランペット=マティアス・ヘフス

【曲目】
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」
ケルシェック:ラッパ達が鳴り響く(日本初演)
ヤナーチェク:シンフォニエッタ

第102回新潟定期演奏会の聴きどころ

ドヴォルザークが残した名作、交響曲第9番「新世界より」には、人の心を打つ抒情があふれんばかり。一方のヤナーチェク「シンフォニエッタ」は、小説の中では村上春樹『1Q84』の冒頭で鳴り響いていますが、現実世界では演奏されることの少ない秘曲。さらなる秘曲、日本初演のケルシェックの作品と共に、トランペットが高らかに鳴り響きます。

ヘルマン・ボイマー(指揮)

ドイツ生まれ。ピアノ、チェロ、トロンボーン、指揮をデトモルト及びライプツィヒで学ぶ。1992~2003年ベルリン・フィルのバス・トロンボーン奏者を務め、そのブラス・アンサンブルの一員としても活躍。指揮者としては、シュターツカペレ・ドレスデン、バンベルク響、ドイツ・カンマーフィル、フィンランド放送響、アイスランド響等に客演を重ねている。知られざるオペラ作品に取り組むことでも注目を集め、ツェムリンスキーのオペラ「こびと」、ヘンツェのオペラ「公子ホムブルク」、ヴァイルのオペラ「マハゴニー市の興亡」等を指揮し、高く評価されている。録音は、バンベルク響とへラーの交響曲第1番&第2番をリリースしている他、ドイツ・オスナブリュック響とのフェルステルの交響曲全集では、第1巻が2009年エコー賞、グノーのオペラ「血まみれの修道女」では2010年ドイツ・レコード批評家賞を受賞した。

マティアス・ヘフス(トランペット)

19歳でハンブルク州立歌劇場の首席トランペット奏者に就任。オーケストラの活動中に国際コンクールでの優勝など、数多くの音楽賞を受賞した。2000年ハンブルク音楽大学の教授に就任、客員教授としても各国の音楽大学に招聘されている。現在、世界最高峰のトランペット奏者として各国からソリストに招かれており、彼のために作曲された作品が収められたCDもすでに11枚がリリースされている。金管アンサンブル「ジャーマンブラス」のリーダーとして、さらには編曲者としての手腕も高く評価されている。東京交響楽団とは2016年1月定期に「ケルシェック:トランペット・ダンス」と「ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番(指揮:秋山和慶、Pf:小曽根真)」に初登場し、驚異のテクニックと安定感で聴衆を魅了した。

東京交響楽団

1946年東宝交響楽団として創立。1951年に東京交響楽団に改称し現在に至る。新潟市とは準フランチャイズ契約を結び、1999年から定期演奏会や特別演奏会、わくわくキッズコンサート等を開催している。2014年度シーズンよりジョナサン・ノットが第3代音楽監督に就任し、正指揮者に飯森範親、桂冠指揮者に秋山和慶、ユベール・スダーン、名誉客演指揮者に大友直人を擁する。文部大臣賞、京都音楽賞大賞、毎日芸術賞、文化庁芸術作品賞、サントリー音楽賞、川崎市文化賞等を受賞。川崎市のフランチャイズオーケストラ、(公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団とのパートナーシップ協定を結び、各地域に根ざした活動を行っている。教育面でも「こども定期演奏会」「0歳からのオーケストラ」が注目を集めている。サントリーホール、ミュ一ザ川崎シンフォニーホール、東京オペラシティコンサートホール、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館で定期的に公演を行い、また新国立劇場ではレギュラーオーケストラとして毎年オペラ・バレエ公演を担当。海外公演も数多く、これまでに57都市76公演を行っている。2016年に創立70周年を迎え、10月にウィーン楽友協会を含むヨーロッパ5力国での公演を行っている。

スタッフのひとりごと

このイベントを見る人は、こんなイベントも見ています

チケット取扱い

りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟伊勢丹
セブンチケット

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)