ジョイント・コンサートin秋葉区

ジョイント・コンサートin秋葉区チラシPDF
音楽終了財団主催

りゅーとぴあアウトリーチ事業 第3期登録アーティストジョイント・コンサートin秋葉区

開催日時
2018年3月24日(土)
14:00 ~(開場 13:30)
会場
新潟市秋葉区文化会館 ホール
チケット
一般 : 1,500円
小・中・高校生 : 500円
※全席自由
※未就学児入場不可
お得な情報
学割
サービス情報
-
チケット発売日
会員...2018年1月18日(木)
一般...2018年1月19日(金)
チケット取扱い
新潟市秋葉区文化会館
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟市江南区文化会館
ミュージックショップフジヤ
クラシックCDコンチェルト
新潟伊勢丹
セブンチケット
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
共催
新潟市秋葉区文化会館
企画制作
新潟市秋葉区文化会館
りゅーとぴあ事業企画部
お問い合わせ
新潟市秋葉区文化会館
0250-25-3301
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

フレッシュなアーティストが、光あふれる音楽をお届けします!

本間 優(ピアノ)

F.ショパン/ワルツ 第1番<華麗なる大円舞曲> 変ホ長調 Op.18
F.リスト/<3つの演奏会用練習曲>S.144 より 3.《ため息》
M.ムソルグスキー/組曲<展覧会の絵> より
 プロムナード~卵の殻をつけたひなどりのバレエ~
 鶏の足の上に建っている小屋(バーバ・ヤガー)~キエフの大きな門

外山 裕介(ユーフォニアム)

共演:馬場 睦(ピアノ)

P.ウィルビー/コンサート・ギャロップ
W.A.モーツァルト(A・フラッケンポール編)/ミサ曲ハ短調 K.427(K.417a)より ラウダムス・テ
G.ビゼー(伊藤康英編)/歌劇《カルメン》より 花の歌(おまえの投げたこの花を)
S.マンティア/「蛍の光」幻想曲

坂口 昌優(ヴァイオリン) ゲスト

※(一財)地域創造公共ホール音楽活性化事業登録アーティスト

共演:小澤佳永(ピアノ)

クライスラー/テンポ・ディ・メヌエット
クライスラー/美しきロスマリン
ブラームス/F.A.Eソナタより 第3楽章スケルツォ
アイルランド民謡(クライスラー編曲)/ロンドンデリーの歌
サン=サーンス/ヴァイオリン・ソナタ 第1番ニ短調 Op.75より 第3・4楽章

世界で最も厳しい聴衆、子どもたちに鍛えられた、
音楽家たちの《今》を聴くコンサート!

新潟市及び近郊在住で活躍する音楽家の中から、オーディションで選ばれた2人が、小学生向けのプログラムを作り、市内各地の小学校等に生で聴く音楽の喜びを届けていく「りゅーとぴあアトリーチ事業」。2017年4月から、第3期の登録アーティストがわくわく・どきどきしながら、子ども達の前で演奏しています(2017年度は29校36公演を実施)。
子ども達は、世界で最も厳しい聴衆です。『面白い』と感じれば熱中しますが、一瞬『つまらない』と感じればすぐに横を向きます。大人の聴衆の皆様のように、出演者側をおもんばかることはほとんどありません。ですから、りゅーとぴあアウトリーチ事業登録アーティストにとって、学校訪問は毎回が真剣勝負の場なのです。
そのようにして、世界一厳しい聴衆から鍛えられた音楽家は、どのように変わったのでしょう。このジョイント・コンサートは、彼らの《今》を聴くことのできるまたとない機会です。
もちろん今回も真剣勝負、皆様の心を美しい音楽で射抜くために、精一杯の努力を重ねてステージに立ちます。ゲストとして招く、全国各地でアウトリーチ活動を行っているヴァイオリニスト坂口昌優の演奏と共に、新潟が育んだ音楽家の誠実さを皆様の耳目を通してお受け取りください。
(りゅーとぴあ事業企画部)

本間 優(ピアノ)

ジョイント・コンサートin秋葉区の画像

新潟市出身。県立新潟南高校、新潟大学教育人間科学部芸術環境創造課程音楽表現コース卒業。同大学院教育学研究科教科教育専修音楽教育専攻修了。第19回JPTAピアノオーディション本選会出場、第41回新潟県音楽コンクール優秀賞、第23・25回日本クラシック音楽コンクール入選、第20回ヤングアーチストピアノコンクール優秀奨励賞、第15回北関東ピアノコンクール第3位入賞。これまでにピアノを高波真美、故・熊倉竜夫、小出香弥、田中幸治の各氏に師事。また、國谷尊之氏のアドバイスを受ける。
現在、新潟市西蒲区(旧・西川町)にてピアノ教室を主宰。後進の指導にあたると共に、演奏活動や親しみやすいコンサートの企画を手掛ける。2014年、高橋沙紀子氏とピアノ・デュオを結成。アンサンブル・ピアニストとしても積極的に研鑽を積む。2016年、「本間優ピアノコンサート」出演、中森千春氏とのデュオリサイタルを開催。
全日本ピアノ指導者協会PTNA指導者会員。りゅーと ぴあアウトリーチ事業第3期登録アーティスト。

外山 裕介(ユーフォニアム)

ジョイント・コンサートin秋葉区の画像

加茂市出身。県立三条高等学校を経て東邦音楽大学卒業。同大学定期演奏会及び卒業演奏会、’99ヤマハ新人演奏会金管楽器部門に出演。ユーフォニアムを、河本隆吉、三浦徹、露木薫の各氏に師事。国内で行われたマスタークラスにてDr.ブライアン・ボーマン、スティーブン・ミード、東邦ウィーンアカデミー(大学三年次の海外研修)にて元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団トロンボーン奏者カール・ヤイトラーの各氏にレッスンを受ける。
大学在学中よりソロイストとして活動を始め、これまでに吹奏楽のゲスト奏者としてのソロ演奏も多数行う。現在、音楽コンクールの全国大会の審査、楽器の技術指導や合奏指導を行う他、吹奏楽をはじめ、様々な楽器編成のための編曲も行う。東邦音楽大学附属中学校・高等学校、同第二高等学校、東邦音楽学校、新潟大学教育学部の各非常勤講師。りゅーとぴあアウトリーチ事業第3期登録アーティスト。

坂口 昌優(ヴァイオリン)

4歳から母の手ほどきにより、ヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業し、同大学を経て同大学研究科を修了。ブリュッセル王立音楽院に文化庁新進芸術家海外研修員として留学し、研鑽を積む。1998年 第52回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部 第2位に入賞。2004年、いしかわミュージック・アカデミーにおいてIMA音楽賞を受賞。2006年第14回アルベルト・クルチ国際ヴァイオリンコンクール(イタリア)第2位に入賞。ソリストとして、オーケストラ・アンサンブル金沢、サンカルロ歌劇場管弦楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団他と共に、秋山和慶、天沼裕子、アントン・ガブマイヤー、飯森範親、故岩城宏之、藤岡幸夫の各氏と共演。
現在、石川県立金沢辰巳丘高校芸術コース非常勤講師、(一財)地域創造公共ホール音楽活性化事業登録アーティストとして全国に活動の幅を広げている。

スタッフのひとりごと

チケット取扱い

新潟市秋葉区文化会館
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟市江南区文化会館
ミュージックショップフジヤ
クラシックCDコンチェルト
新潟伊勢丹
セブンチケット

お問い合わせ

新潟市秋葉区文化会館
0250-25-3301
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)