「シャンポーの森で眠る2018」キャストオーディション

「シャンポーの森で眠る2018」キャストオーディションチラシPDF
その他終了財団主催

りゅーとぴあ開館20周年記念ミュージカル「シャンポーの森で眠る2018」キャストオーディション

開催日時
2018年4月13日(金)

2018年4月14日(土)

※審査はいずれか1日。集合時間は後日指定。
※13日(金)は19時以降に開催。
会場
4/13(金)新潟市音楽文化会館 練習室 4/14(土)新潟市万代市民会館
チケット
参加無料
お得な情報
-
サービス情報
-
お申し込み方法
下記を係宛に郵送してください。
【1】キャストオーディション応募用紙※チラシPDF内
【2】写真2枚(上半身と全身)※応募用紙に貼り付け
【3】返信用切手92円1枚

応募先
〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町3-2
りゅーとぴあ「シャンポー」オーディション係
応募締切
2018年4月5日(木)必着
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
新潟市
お問い合わせ
りゅーとぴあ事業企画部
TEL.025-224-7000(平日10:00~18:00/休館日除く)

開館記念、開館3周年に続き、開館20周年に待望の再演!
熱意をもって、感動的な舞台づくりに参加できる方のご応募をお待ちしています。

詳細は応募要項をご覧ください。 チラシPDF でもご確認いただけます。

キャストオーディション応募要項

募集するキャラクター

ファデット/ヒロイン(15~25歳くらい)
シルビネ&ランドリー(少年・青年)/双子の兄弟
マドレーヌ/村の美しい娘
ジャネー/ファデットの弟
双子の両親
村人たち ほか

オーディション開催日/2018年4月13日(金)・14日(土)

※審査はいずれか1日となります。また集合時間は後日指定します。
※4/13(金)は、19時以降に開催します。

会場

4/13(金)新潟市音楽文化会館 練習室
4/14(土)新潟市万代市民会館

審査内容/台詞・歌・動き

審査員(予定)

宮川彬良(作曲・音楽監督)
戸中井三太(演出)
西潟明美(歌唱指導)
押味真里菜(ステージング)
笹部博司(りゅーとぴあ演劇部門芸術監督)
近藤 博(りゅーとぴあ 支配人)

応募方法

下記のものを係宛に郵送してください
1. ミュージカル「シャンポーの森で眠る2018」  キャストオーディション応募用紙
2. 写真2枚(上半身と全身の各1枚)※応募用紙に貼り付け
3. 返信用切手92円1枚

応募先

〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町3-2
りゅーとぴあ 「シャンポー」オーディション係

応募締切/2018年4月5日(木)<必着>

応募要件

□稽古スケジュールと本番日程に参加できる方
□小学4年生(2018年4月現在)以上の方
□居住地・演劇経験は問いません
□以下のことにご同意できる方
・オーディション・稽古・本公演において、マスコミの取材を受け入れることがあります。
・オーディション・稽古中・本公演の写真や映像は、公益財団法人新潟市芸術文化振興財団および新潟市の広報媒体に掲載、または第三者に貸与されることがあります。
・オーディション・稽古・本番に際しての交通費・食費等は各自でご負担ください。
・オーディションで選考されても出演料の支払いはありません。
・本番を撮影し、CD・DVDなどを販売する場合、著作隣接権使用料の支払はありません。
※高校生以下の方は親権者の同意が必要です
※応募書類の返却いたしません。(ご提出いただいた個人情報はオーディションと公演活動以外の目的には使用いたしません。また第三者に提供いたしません。)

結果通知/4月末日までに郵送にて通知します

稽古日程

■稽古時間(予定):平日19:00~21:30、土・日・祝日/13:00~21:00
■稽古会場(予定):りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館、新潟市音楽文化会館ほか新潟市内のホールなど

5月/12(土)、13(日)、18(金)、19(土)、20(日)、25(金)、26(土)、27(日)
6月/1(金)、2(土)、3(日)、8(金)、9(土)、10(日)、15(金)、16(土)、17(日)、22(金)、23(土)、24(日)、29(金)、30(土)
7月/1(日)、6(金)、7(土)、8(日)、13(金)、14(土)、15(日)、16(月祝)、20(金)、21(土)、22(日)、27(金)、28(土)、29(日)
8月/3(金)、4(土)、5(日)、17(金)、18(土)、19(日)、24(金)、25(土)、26(日)、31(金)
9月/1(土)、2(日)、7(金)、8(土)、9(日)、14(金)、15(土)、16(日)、17(月祝)、20(木)、21(金)、22(土)、23(日)、24(月祝)、27(木)、28(金)、29(土)、30(日)
10月/3(水)、4(木)、5(金)、6(土)、7(日)、8(月祝)、10(水)~21(日)

問い合わせ/りゅーとぴあ 事業企画部

Tel.025-224-7000(平日10:00~18:00/休館日を除く)

「シャンポーの森で眠る」

「シャンポーの森で眠る2018」キャストオーディションの画像
開館3周年記念ミュージカル「ファデット」(2001年3月)

原作/ジョルジュ・サンド「愛の妖精」
脚本/菊池 准 作詞/岡本おさみ
作曲・音楽監督/宮川彬良
演出/戸中井三太 美術・衣裳プラン/後藤信子
歌唱指導/西潟明美 ステージング/押味真里菜
企画・製作/りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館

公演予定日

2018年10月18日(木)~10月21日(日)
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場

1998年に開館記念ミュージカルとして上演。ただ純粋に観客を魅了する舞台の追求を出発点に、新潟のスタッフとオーディションで選ばれたキャスト、そして東京で活躍するキャスト・スタッフとつくりあげ、その高いクオリティに劇場は大きな感動に包まれました。初演では、戦争で生き残った双子の兄シルビネの視点から舞台を構成し、「鬼火の歌」や「明日の朝、神様がいらっしゃるよ」など、力強く、美しい歌声が多くの観客の心をとらえました。そして、2001年にリメイク。双子の兄弟に愛された少女ファデットをクローズアップした構成で上演し、ヒロイン・ファデットをはじめ数々の魅力的なキャラクターを、オーディションで選ばれた新潟の出演者が熱演し、東京公演を開催するなど、大きな話題を集めました。そして、2018年―。リメイク版「ファデット」の構成を用い、初演と同じタイトル「シャンポーの森で眠る」として、開館20周年に待望の再演をいたします。

あらすじ

作曲家である男は、自らの古い日記をもとに新しい作品を創ろうとする。しかし日記が呼び起こしたのは、彼自身が一度は消そうとした思い出だった。男は、双子が不吉なものと信じられている小さな村に、双子として生まれ、
仲良く育った。時は過ぎ青年となり、村のはずれに住む、自分は不器量と信じ込む少女ファデットと出会う。秋祭りの日。愛を追うもの、愛に追われるもの、そして愛を奪われたものが交わる。失意の男は軍に入隊し村を後にする。しかし戦火は故郷の村にも広がっていく。「消えるのは、ぼくのはずだった…」深い悲しみを背負いつつ、妻子を得て生きて来た男の前に、鬼火たちが姿を見せる……

笹部 博司(りゅーとぴあ演劇部門芸術監督)

20周年に「何か」と言われて、まず思い浮かんだのが、オープニングで上演した「シャンポーの森で眠る」である。いろんな意味での出発点だった。劇場の20周年という一つの区切りに、新たなる出会いのための第一歩として、この作品に取り組む。本を読み返し、音楽を聴く。あの時のいろいろな思いの結晶がここにはある。そして私たちは無駄にこの二十年を過ごして来たわけではない。その答えをこの作品の再演で見せたい。新潟の演劇の今後、そのための第一歩…

宮川 彬良(作曲・音楽監督)

「シャンポーの森で眠る2018」キャストオーディションの画像
©石黒ミカコ

よく「作曲するとはどういう事なのか」という質問を受けることがある。「突き上げるような感覚で音が次から次へと聞こえて来て、書き終わると何故だか泣いて、さらに見直すと全部辻褄が合っている…そんな感じです。」というのが僕の答えだ。じゃ、どうやったら次々と突き上げて来る様に書けるのか。それには現在の僕にも答えられない。たったひとつ言えるのは、この「シャンポーの森で眠る」を書いた1998年、僕はちょっと特別な自分であったかも知れないと感じる。宮川彬良の音楽の原点がここにある…という事だけは明白である。

CAST

松村 雄基 Yuki Matsumura

「シャンポーの森で眠る2018」キャストオーディションの画像

1980年テレビドラマ『生徒諸君』(テレビ朝日)で主役デビュー。1980年代は大映ドラマの常連俳優として、『不良少女と呼ばれて』(TBS)、『スクール☆ウォーズ』(TBS)、『花嫁衣装は誰が着る』(フジテレビ)等数多くの作品に出演。映画『恋子の毎日』、石井ふく子演出『華々しき一族』『女の人さし指』『女たちの忠臣蔵』、中日劇場製作『南の島に雪が降る』など、数多くの映画・舞台にも出演。俳優としてだけでなく、ライブや書家など様々な方面でも活躍しており、書道では第17回東京書作展にて内閣総理大臣賞を受賞。2018年3月、舞台『春秋会男組』に出演。

木村 花代 Hanayo Kimura

「シャンポーの森で眠る2018」キャストオーディションの画像

劇団四季の主演女優として『キャッツ』グリドルボーン役、『オペラ座の怪人』クリスティーヌ役、『美女と野獣』ベル役、『ウィキッド』グリンダ役、他多数の作品に出演しヒロインを演じる。退団後の主な出演作品は、上田一豪演出『キューティ・ブロンド』ブルック・ウィンダム役、錦織一清演出『グレート・ギャッツビー』マートル役、『ミス・サイゴン』エレン役、韓国ミュージカル『パルレ』主演ナヨン役、朗読『ラヴ・レターズ』等多数。2017年、りゅーとぴあプロデュース『星の王子さま』バラ・キツネ・ヘビ役で多くの観客を魅了した。2018年3~6月に、ミュージカル『メリー・ポピンズ』ウィニフレッド・バンクス役で出演。

ボランティアスタッフも同時募集! [小道具・衣裳・制作業務]

5月下旬に「ボランティア説明会」を開催予定です。詳しく説明を聞きたい、ぜひ一緒に舞台をつくりたいという方は、メールまたは電話にてご連絡ください。

ボランティア説明会への参加&お問い合わせ
りゅーとぴあ事業企画部
メール:musical@ryutopia.or.jp
TEL. 025-224-7000(平日10:00~18:00/休館日除く)

お申し込み方法

下記を係宛に郵送してください。
【1】キャストオーディション応募用紙※チラシPDF内
【2】写真2枚(上半身と全身)※応募用紙に貼り付け
【3】返信用切手92円1枚

お問い合わせ

りゅーとぴあ事業企画部
TEL.025-224-7000(平日10:00~18:00/休館日除く)