東京交響楽団 第111回新潟定期演奏会

東京交響楽団 第111回新潟定期演奏会チラシPDF
音楽発売中財団主催

東京交響楽団 第111回新潟定期演奏会

開催日時
2018年12月2日(日)
17:00 ~(開場 16:15)
会場
コンサートホール
チケット
S席 : 7,000円
A席 : 6,000円
B席 : 5,000円
C席 : 3,000円
D席 : 2,000円
U25シート : 1,500円
・25歳以下の方(未就学児を除く)
・コンサート当日空席がある場合に限り15:00よりインフォメーションで販売
・取扱いはりゅーとぴあのみ
・購入時に年齢のわかるものをご提示いただきます
・席種及び座席番号の指定はできません
お得な情報
U25シート
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
N-PAC mate...2018年8月18日(土)
一般...2018年8月24日(金)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟伊勢丹
セブンチケット
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

名匠によって紡がれる、バイロイトの響き。
飯守泰次郎の指揮によるワーグナー、ついに新潟へ。

全世界のワーグナー・ファン憧れの聖地、バイロイト。フェスティヴァル元総監督ヴォルフガング・ワーグナーの絶大な信頼を得て、「彼こそKapellmeister(名指揮者)と呼ぶにふさわしい」と絶賛された飯守泰次郎、待望のワーグナー・プログラム。

出演

指揮:飯守泰次郎
チェロ:ウェンシン・ヤン

曲目

シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 op.129
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第一幕への前奏曲
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」から前奏曲と愛の死
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲

第111回 新潟定期演奏会の聴きどころ

世界に名高い音楽祭「バイロイト・フェスティバル」で、数多の巨匠と共に仕事をしてきた飯守泰次郎。深い呼吸と溶け合った音色で紡がれるワーグナーはまさに必聴。聴く人を陶酔の極みへと導くでしょう。その前に、超絶技巧の持ち主、ウェンシン・ヤンによるシューマンのチェロ協奏曲。こちらはスゴ腕、技のキレをお楽しみください。

指揮:飯守泰次郎

東京交響楽団 第111回新潟定期演奏会の画像
©Akira Muto

桐朋学園で学んだ後、ヨーロッパで研鑽を積み、マンハイム市立歌劇場・ハンブルク州立歌劇場などの指揮者を歴任し、オペラ指揮者として確固たる実績を築く。1970年からバイロイト音楽祭に音楽助手として参加、数々の歴史的公演の成功に寄与し、大きな信頼を得た。90年代より日本国内での活動を再び活発化させ、古典派からロマン派にかけてのレパートリーを中心に、意欲的な活動を展開している。現在、仙台フィル常任指揮者、東京シティ・フィル桂冠名誉指揮者、関西フィル桂冠名誉指揮者。また、2014年9月から4年間、新国立劇場第6代オペラ芸術監督の重責を担った。

チェロ:ウェンシン・ヤン

東京交響楽団 第111回新潟定期演奏会の画像
©www.wildundleise.de

台湾系両親の元スイス・ベルンで生まれる。チェロをクロード・スターク、ウルフガング・ベッチャー、ヤーノシュ・シュタルケル、ダーヴィド・ゲリンガスに師事。24歳にして、バイエルン放送交響楽団の首席チェロ奏者となり2004年まで在籍。1991年、難関と言われるジュネーブ国際音楽コンクールで優勝。それ以来、世界各地でソリストとしても活躍、これまでに、ロリン・マゼール、サー・コリン・デイビス、ウルフガング・サヴァリッシュ、セミヨン・ビシコフ、ユーリ・テミルカーノフ、マリス・ヤンソンス等の世界的な指揮者と共演。また、サン・モーリッツ、ダヴォス、ビエル、ドレスデン等のフェスティバルにもしばしば招待されている。

東京交響楽団

1946年東宝交響楽団として創立。1951年に東京交響楽団に改称し現在に至る。新潟市とは準フランチャイズ契約を結び、1999年から定期演奏会や特別演奏会等を開催している。2014年度シーズンよりジョナサン・ノットが第3代音楽監督に就任し、正指揮者に飯森範親、桂冠指揮者に秋山和慶、ユベール・スダーン、名誉客演指揮者に大友直人を擁する。文部大臣賞、京都音楽賞大賞、毎日芸術賞、文化庁芸術作品賞、サントリー音楽賞、川崎市文化賞等を受賞。川崎市のフランチャイズオーケストラ、(公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団とのパートナーシップ協定を結び、各地域に根ざした活動を行っている。教育面でも「こども定期演奏会」「0歳からのオーケストラ」が注目を集めている。サントリーホール、ミュ一ザ川崎シンフォニーホール、東京オペラシティコンサートホール、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館で定期的に公演を行い、また新国立劇場ではレギュラーオーケストラとして毎年オペラ・バレエ公演を担当。海外公演も数多く、これまでに57都市76公演を行っている。2016年に創立70周年を迎え、10月にウィーン楽友協会を含むヨーロッパ5力国での公演を行っている。

東京交響楽団 第111回新潟定期演奏会の画像

チケット取扱い

りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟伊勢丹
セブンチケット

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)