リーディング体験ワークショップ2018 ※受付終了

リーディング体験ワークショップ2018 ※受付終了チラシPDF
講座・ワークショップ終了財団主催

60歳以上の方限定!リーディング体験ワークショップ2018 ※受付終了「お芝居の台本を声に出して読んでみる」

開催日時
2018年11月30日(金)
18:30 ~ 21:00(開場 18:10)

2018年12月1日(土)
10:00 ~ 17:00(開場 9:40)

※12/1は終了後、能楽堂にてミニ発表会
会場
練習室4
チケット
参加費 : 1,500円
※簡易保険加入料含む
お得な情報
-
サービス情報
-
講師
笹部博司(りゅーとぴあ演劇部門芸術監督)
内容
『夏の夜の夢』(ウィリアム・シェイクスピア)を朗読
対象
両日参加できる60歳以上の方 ※演劇経験不問
定員
20名 ※定員になり次第締切
募集期間
2018年10月15日(月)~11月15日(木)
お申し込み方法
氏名・郵便番号・住所・電話番号・年齢・生年月日を明記し、メール又は往復ハガキで「リーディング体験WS」係まで
[Eメール]fest@ryutopia.or.jp
[往復ハガキ]〒951-8132新潟市中央区一番堀通町3-2 <往信表面>
※往信裏面に必要事項、返信表面に返信先の郵便番号、住所、氏名をご記入ください
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあ事業企画部「リーディング体験WS」係
025-224-7000(平日10:00~18:00/休館日を除く)

シェイクスピアによる恋の物語『夏の夜の夢』を朗読します。

2015年に開催した、笹部博司演劇講座「お芝居の台本を声に出して読んでみる」に引き続き、台本に書かれた“言葉の中の思い”を探して読んでみる、リーディング体験WSを開催します。
今回は“60歳以上の方”限定です!台本はシェイクスピアの有名な恋の物語『夏の夜の夢』。お芝居が好きな方、台本を読んでみたいと思っていた方、この機会にチャレンジしてみませんか。

講師からのメッセージ

お芝居の中での恥はかきすて、というわけで、今回は臆面もなく、還暦を迎えた人たちが集まって、恋愛三昧いたしましょう!

笹部博司

演劇プロデューサー。主な作品に大竹しのぶ「奇跡の人」、蜷川幸雄演出「身毒丸」「グリークス」、白石加代子「百物語」シリーズなどがある。2004年からりゅーとぴあ演劇部門芸術監督。2013年よりリーディング企画“物語の女たちシリーズ”をスタートさせ、すべての作品の上演台本を手掛ける。また、井上芳雄「夜と霧」では上演台本のほか演出も担っている。

リーディング体験ワークショップ2018 ※受付終了の画像

お問い合わせ

りゅーとぴあ事業企画部「リーディング体験WS」係
025-224-7000(平日10:00~18:00/休館日を除く)