NDR北ドイツ放送フィルハーモニー交響楽団

NDR北ドイツ放送フィルハーモニー交響楽団チラシPDF
音楽発売中財団主催

NDR北ドイツ放送フィルハーモニー交響楽団

開催日時
2022年11月16日(水)
19:00 ~ 21:00
会場
コンサートホール

チケット料金・お申し込み

チケット
S席 : 11,000円
A席 : 9,000円
B席 : 8,000円
C席 : 7,000円
D席 : 6,000円
U25 : 3,000円
お得な情報
U25
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
会員...2022年8月10日(水)
一般...2022年8月17日(水)
会員制度
会員制度について
チケット取扱い
りゅーとぴあ(オンライン・電話・窓口)
りゅーとぴあオンライン・チケット
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

イベント内容について

欧州の名匠マンゼ率いる世界的オーケストラが来日!
威厳に満ちたサウンドで本場ドイツの聴衆をも魅了する
“オール・ベートーヴェン・プログラム”

指揮:アンドリュー・マンゼ
ピアノ:ゲルハルト・オピッツ
曲目:オール・ベートーヴェン・プログラム
   劇音楽「エグモント」作品84より序曲
   ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
   交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」

北ドイツの主要都市ハノーファーの旧市街は、古い町並みが残る人気観光スポット。
旧市街のシンボル的存在のマルクト教会は、レンガ造りで約100mの塔がどこからでも見え、美しい自然と街並みが共存した風景が広がります。そんなハノーファーを拠点とする「NDR北ドイツ放送フィルハーモニー交響楽団」が新潟・りゅーとぴあにやってきます。約70年の歴史をもち、ドイツの聴衆を魅了し続けているオーケストラが今回演奏するのは“オール・ベートーヴェン・プログラム”。ドイツの楽聖ベートーヴェンの「皇帝」「英雄」を本場ドイツのオーケストラの演奏で聴ける贅沢なプログラムです。指揮は長くNDR北ドイツ放送フィルとともに歩んできた首席指揮者の名匠アンドリュー・マンゼ。ピアニストはドイツ正統派と謳われる巨匠ゲルハルト・オピッツ。新潟に居ながらにして聴けるドイツの本格派サウンドをお楽しみください。

プロフィール

NDR北ドイツ放送フィルハーモニー交響楽団の画像
(c) NDR, Foto N. Lund

NDR北ドイツ放送フィルハーモニー交響楽団
北ドイツ放送の附属オーケストラとして1950年にハノーファーを拠点に創設。これまでチェコのズデニェク・マーカルやウィーン・フィルにも客演したベルンハルト・クレー、大阪フィルの桂冠指揮者である大植英次らが率いて来た他、アンドラーシュ・シフやペーター・ツィンマーマン、アンナ・ネトレプコなど多くの1流ソリストと共演を果たしている。ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールやウィーンの楽友協会、ザルツブルクなどヨーロッパやアジア、南米など世界各地へツアーを度々行っている。ペンタトーンやCPOなどから多くの録音が発売されており、中でもマンゼとの録音はいずれも大きな反響を呼び、2017年にはドイツ・レコード批評家賞を受賞している。

 

NDR北ドイツ放送フィルハーモニー交響楽団の画像

アンドリュー・マンゼ(指揮)
1965年イギリス・ロンドン近郊のベックナム出身。ケンブリッジ大学で学んだ後、ヴァイオリニストとして、数多くの古楽器オーケストラと共演し、エンシェント室内管の副音楽監督やイングリッシュ・コンソートの芸術監督などを歴任。古楽器演奏の第1人者として知られた。その後、指揮者として活動を始め、ヘルシンボリ響の芸術監督やノルウェー放響の首席客演指揮者などを歴任。2014年よりNDR北ドイツ放送フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に就任し、今日に至る。2018年からはロイヤル・リバプール・フィルの首席客演指揮者にも就任。ミュンヘン・フィルやベルリン・ドイツ響、バイエルン放響、ロンドン・フィル、ボストン響、ロサンゼルス・フィルなど世界の著名なオーケストラに度々客演しており、今最も注目を集める指揮者として知られている。また、これまでに多くのCDをリリースしており、グラモフォン・アワードやドイツ・レコード批評家賞を受賞するなど、いずれも高い評価を得ている。

 

NDR北ドイツ放送フィルハーモニー交響楽団の画像
(c)HT/PCM

ゲルハルト・オピッツ(ピアノ)
バイエルン州生まれ。パウル・バックに師事した後、ケンプと出会い教えを受けるようになる。自身の解釈との著しい相似性に感服したケンプの遺志により、オピッツは後継者として音楽的伝統を引き継ぐこととなった。1977年アルトゥール・ルービンシュタイン・コンクールで優勝し、一躍世界的に脚光を浴びる。翌年には、名門ドイツ・グラモフォンより最初のレコードをリリース。これまでにウィーン・フィル、ベルリン・フィル等の著名オーケストラとカルロ・マリア・ジュリーニ、リッカルド・ムーティ、ズービン・メータ、ヘルベルト・ブロムシュテット等の指揮者と共演している。これまでにリリースしたCDは数多く、BMG/RCAやヘンスラーからのブラームスのピアノ作品全集、ブラームスやベートーヴェンのピアノ協奏曲集、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集、シューベルトのピアノ作品集等が好評を得る。日本では1994年、NHKテレビのベートーヴェン・ソナタの演奏およびレッスンが爆発的人気を呼んだ。ベートーヴェン、シューベルト、シューマン&ブラームスの連続演奏会も好評を得る。親日家でもあり、日本で最も人気のあるピアニストの一人である。

ゲルハルト・オピッツから新潟の皆様へメッセージ

新潟はこれまでに7、8回行ったことがあり、そしてりゅーとぴあはとても美しく、町も環境も大好きでソロの演奏会も東京交響楽団との演奏会も行いました。そしてさらに日本海に面した素晴らしいお魚のレパートリ―もとても楽しみにしています。残念ながら、これまで新潟の山側に行く機会が少なく、今回のツアーも時間的に難しそうなので、いつかゆっくりと山側の方も行けると素敵だなと思っています。

 

※この公演は、東響新潟定期会員の特典(対象:S席・A席・B席)として開催するもので、一般のお客様へは、定期会員分を除いた座席を販売いたします。あらかじめご了承ください。

チケット取扱い

りゅーとぴあ(オンライン・電話・窓口)
りゅーとぴあオンライン・チケット
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)