東京交響楽団 第116回新潟定期演奏会

東京交響楽団 第116回新潟定期演奏会チラシPDF
音楽発売中財団主催

東京交響楽団 第116回新潟定期演奏会

開催日時
2019年10月20日(日)
17:00 ~ 19:00(開場 16:15)
会場
コンサートホール
チケット
S席 : 7,500円
A席 : 6,000円
B席 : 4,500円
C席 : 3,000円
D席 : 2,000円
U25シート : 1,500円
・25歳以下の方(未就学児を除く)
・コンサート当日空席がある場合に限り15:00よりインフォメーションで販売
・取扱いはりゅーとぴあのみ
・購入時に年齢のわかるものをご提示いただきます
・席種及び座席番号の指定はできません
お得な情報
U25シート
サービス情報
託児所赤外線補聴システム車いす
チケット発売日
会員...2019年7月6日(土)
一般...2019年7月12日(金)
チケット取扱い
りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟伊勢丹
セブンチケット
主催
公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)

管楽、百花繚乱

人の息が音楽になる瞬間。東京交響楽団が誇る管楽器の名手達&サクソフォンの天才、上野耕平がソリストとして次々に登場! 飯森&東響のサポートを得て、極上の陶酔をお約束いたします。

出演

指揮:飯森範親
フルート:相澤政宏
イングリッシュホルン:最上峰行
クラリネット:エマニュエル・ヌヴー
トランペット:澤田真人
ソプラノサクソフォン:上野耕平

プログラム

C.シャミナード:コンチェルティーノ ~フルートと管弦楽のための
A.コープランド:静かな都市 ~トランペットとイングリッシュホルンと弦楽のための
H.ヴィラ=ロボス:ファンタジア ~ソプラノサクソフォン、3つのホルンと弦楽のための
C.ドビュッシー:第1狂詩曲 ~クラリネットと管弦楽のための
G.ビゼー:「アルルの女」第1組曲、第2組曲

第116回 新潟定期演奏会の聴きどころ

人の息によって奏する最も原始的な楽器、石笛について、作家三島由紀夫は「心魂をゆるがすやうな神々しい響きをもってゐる。」と書いています。古来、人は息によって音楽を奏で、天に捧げてきました。現代では機能性の向上した管楽器が百花繚乱。それぞれの魅力全開に咲き誇っています。今回は、そんな管楽器の魅力をたっぷりとお楽しみください。
(りゅーとぴあ事業企画部)

飯森範親(指揮)

東京交響楽団 第116回新潟定期演奏会の画像
©山岸伸

桐朋学園大学指揮科卒業。ベルリン、ミュンヘンで研鑚を積み、これまでにフランクフルト放送響、ケルン放送響、チェコ・フィル、モスクワ放送響等に客演。01年、ドイツ・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団音楽総監督(GMD)に着任し、日本ツアーを成功に導いた。国内では94年以来、東京交響楽団と密接な関係を続け、現在は正指揮者。06年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞、07年より山形交響楽団音楽監督、2019年シーズンより同楽団芸術総監督に就任。2014年シーズンより日本センチュリー交響楽団首席指揮者。

飯森範親オフィシャルサイト

相澤政宏(フルート)

東京交響楽団 第116回新潟定期演奏会の画像
©Naoya Ikegami

大学3年在学中に東京交響楽団に入団後、1995年首席フルート奏者に就任し現在に至る。91年日本フルートコンヴェンションコンクール3位入賞。在京オーケストラのプレイヤー4人による「ザ・フルートカルテット」メンバー。東京音楽大学フルート科非常勤講師、日本フルート協会理事、紀尾井ホール室内管弦楽団メンバー。

最上峰行(イングリッシュホルン)

東京交響楽団 第116回新潟定期演奏会の画像
©Naoya Ikegami

第69回日本音楽コンクール・オーボエ部門第3位入賞。小澤征爾音楽塾、サイトウキネンオーケストラ等に参加。2009年東京交響楽団に入団し、2017年より同団オーボエ&イングリッシュホルン奏者。現在、桐朋学園大学音楽学部、東海大学教養学部、各非常勤講師。ARCUS、Quintet H、エロイカ木管五重奏団、各メンバー。

エマニュエル・ヌヴー(クラリネット)

東京交響楽団 第116回新潟定期演奏会の画像
©Naoya Ikegami

2000年、日本クラリネットコンクール第一位。他にパリ国際コンクール、レオナルド・ベランコンクール最高位受賞などがある。2008年から軽井沢国際音楽祭アーティスト。2010年、中国、成都市に招聘される。ビュッフェ・クランポン株式会社契約アーティスト。2002年から東京交響楽団首席クラリネット奏者。

澤田真人(トランペット)

東京交響楽団 第116回新潟定期演奏会の画像
©Naoya Ikegami

第16回日本管打楽器コンクール入賞。2004年に名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団、2007年より首席奏者となる。2010年東京交響楽団首席トランペット奏者へ移籍、現在に至る。オーケストラ活動を中心に、金管アンサンブル「侍BRASS」のメンバーとしても活躍している。

上野耕平(ソプラノ・サクソフォン)

東京交響楽団 第116回新潟定期演奏会の画像

日本管打楽器コンクールにおいて史上最年少で第1位ならびに特別大賞を受賞。2014年アドルフ・サックス国際コンクールにおいて第2位を受賞。常に新たなプログラムにも挑戦しサクソフォンの可能性を最大限に伝えている。出光音楽賞受賞。岩谷時子賞奨励賞受賞。The Rev Saxophone Quartet、ぱんだウインドオーケストラコンサートマスター。

東京交響楽団

1946年東宝交響楽団として創立、1951年東京交響楽団に改称。新潟市とは準フランチャイズ契約を結び、1999年から定期演奏会や特別演奏会を開催。2014-15シーズンよりジョナサン・ノットが第3代音楽監督に就任し、桂冠指揮者に秋山和慶、ユベール・スダーン、正指揮者に飯森範親、名誉客演指揮者に大友直人を擁する。文部大臣賞、京都音楽賞大賞、毎日芸術賞、文化庁芸術作品賞、サントリー音楽賞、川崎市文化賞等を受賞。川崎市のフランチャイズオーケストラ、(公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団とのパートナーシップ協定を結び、各地域に根ざした活動を行っている。教育面でも「こども定期演奏会」「0歳からのオーケストラ」が注目を集めている。サントリーホール、ミューザ川崎シンフォニーホール、東京オペラシティコンサートホール、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館で定期的に公演を行う他、新国立劇場のレギュラーオーケストラとして毎年オペラ・バレエ公演を担当。海外公演も多く、これまでに58都市で78公演を行っている。

公式サイト

東京交響楽団 第116回新潟定期演奏会の画像

このイベントを見る人は、こんなイベントも見ています

チケット取扱い

りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00-19:00/休館日除く)
りゅーとぴあオンライン・チケット
新潟伊勢丹
セブンチケット

お問い合わせ

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
025-224-5521(11:00~19:00/休館日除く)